Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > Bな映画「普通じゃない」 監督:ダニー・ボイル

Bな映画「普通じゃない」 監督:ダニー・ボイル

がぶり _ORDINARY-1  Bな風味をどうぞ。
  アクション、ダンス、ラストのアニメなど、エンターテインメントに気配りした、おとぎの映画です。



  天国のオフィスは、床も壁・天井も机もパソコンも服装も一切合財、真っ白。大天使ガブリエル署長(写真)は、わめく。「毎日、おれのところに来る書類は、離婚、直前離婚、性格の不一致、再離婚、こんな書類ばかりだ。」
天使 less-ordinary  ある日お上から、ある指令が降りてきた。この指令はふたりの天使、オライリーとジャクソンに振られ、与えられた指令は、ある男女の、難易度の超高い恋愛を、「成功させる」こと。
メインess-ordinary-thumb  
  ある女とはセリーン。 (写真→)。
  大企業オーナーの一人娘。母はかつて家出していて、現在は父娘ふたりだけの家庭。
  生まれてから、働いたこと、指図されたことがない女。特技は射撃が上手。
  社長室を訪ねた娘に父親は言う。
    父:お前も働いて稼げ。
    娘:何ですって?
    父:25年間何もせずに生きてきたが、明日から働くんだ。
      わしの下でビジネスを学べ。
      持つべき者へと金が流れる仕組みを知れ。
      いかに効率よく脱税するかを学べ。
      ぞっとするか 吐き気がするか
      だが、いずれその味に慣れもっと欲しいと願うようになる。
    娘:なに、それ?・・・・

警備 ss_Ordinary_12175_Medium  一方、ある男とはロバート。
  このビルの清掃人。明日からビル清掃はロボットに置き換わり、クビが言い渡された。怒髪天を突く。ロバートは、父娘がいる最上階の社長室にまっしぐら。多数の警備人と格闘の末、娘を人質にする。
  ロバートはセリーンを連れ車で逃亡するが・・・・、彼女は人質なの?ロバートの味方なの? そう両方です。
  そんな展開がグリグリいろいろ始まり、父親に身代金を請求したり、天使たちに邪魔されたりサンザンな目に会うふたりですが、こんな時こそ愛は育つのでした。人質  danny-boyle-life-less-ordinary-a 

ふたり 微笑む regor_a_life_ordinary



ポスター51S48JN7E1L  監督:ダニー・ボイル|イギリス・アメリカ|1997年|103分|
  原題:A Life Less Ordinary
  出演:ユアン・マクレガー(Robert)|キャメロン・ディアス(Celine)|ホリー・ハンター(天使 O'Reilly)|デルロイ・リンド(天使 Jackson)|イアン・ホルム(Naville)

1   59911_6006080_32       Less-Ordinary-Robert-Lewis-5

3   LessOrdinary  4    Less-Ordinary-Robert-Lewis-6


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/359-ca00bc87
Listed below are links to weblogs that reference
Bな映画「普通じゃない」 監督:ダニー・ボイル from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > Bな映画「普通じゃない」 監督:ダニー・ボイル

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top