Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > Bな映画「キス・キス・バン・バン」 監督:スチュワート・サッグ

Bな映画「キス・キス・バン・バン」 監督:スチュワート・サッグ

メイン25660765  イギリスの大きな古い橋、タグボートでしか行けないその橋脚に秘密の入り口がある。ここは凄腕を束ねる殺し屋集団のアジト。「クラブ」と称して歴史がある。鉄階段で降りていくと大きな空間がある地下、アンティークなボイラー発電施設だ。
  このクラブのボスが主人公フィリックス。その道で名を上げた男ほど、ある時潔く引退する。フィリックスもそうだった。愛弟子ジミーを初めてクラブに紹介し、フィリックスの仕事のすべては終わった。

  だが翌日から始めた、殺し屋以外の職探しは大変だった。やっと見つけた案件は美術品密輸入商のせがれの子守。普通の子守じゃないだろうとは思っていたが、おもちゃでいっぱいの子供部屋から出てきたのは33年間部屋から出たことのないデブ男のババ。独身フィリックスとキリンの縫いぐるみを手放さないババの奇妙なコンビが笑いを誘う。幼児年齢であったババがフィリックスとの付き合いの中で急速に青年になっていく、ババに彼女も出来た。ここに、フィリックスの彼女シェリーが加わる。シェリーに言われる「ババの面倒をみるようになってから、あなた優しくなったよ」 てなわけでシェリーのおなかに・・・・。

  さて、ここに重大なことが。殺し屋集団クラブは生きて退団できない、なぜならかつて退団した先輩はみな死んで退団したから。この即興のオキテでフィリックスは執拗に何度も狙われる。ババとシェリーをかばいながら逃げる。そしてフィリックスを影から助ける愛弟子ジミー。それを知らないフィリックス。ジミーの行為は当然クラブを敵にまわすことになる。いやいや、テンマツはいかに、いかに・・・・・・・・。

  英国味のコメディなアクション&ロマンス。B級とは言え、手は抜いていません!
  この映画観た人はきっと言うと思う。ババは、「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の息子「坊」にそっくり。ただし「キス★キス★バン★バン」は2000年、「千と千尋」は2001年製作だ。パクッた?

......................................................................................................................................................................
監督:スチュワート・サッグ|イギリス|2000年|101分|
原題:KISS KISS (BANG BANG)
出演:ステラン・スカルスガルド(フィリックス)|クリス・ペン(ババ)|ポール・ベタニー(ジミー)|ピーター・ヴォーン(ダディ・ズー)|ジャクリーン・マッケンジー(シェリー)|アラン・コーデュナー(ビッグ・ボブ)|マルティン・マカッチョン(ミア)|シエンナ・ギロリー(カット)
子守sskiss7x  カップルa86r4j74r7a


左  49_119875 中 im55555ages 右  isbahabah


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

kayo URL 2011-07-24 Sun 05:44:24

B級ご紹介、大歓迎です。イギリスのコメディはピリッとした大人のセンスが漂っています。あまりに直球の、このタイトルもナイス!ですね。観てみよっと。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/361-524821c2
Listed below are links to weblogs that reference
Bな映画「キス・キス・バン・バン」 監督:スチュワート・サッグ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > Bな映画「キス・キス・バン・バン」 監督:スチュワート・サッグ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top