Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > Bな映画「スナッチ」 監督:ガイ・リッチー

Bな映画「スナッチ」 監督:ガイ・リッチー

メイン2e04snatch05  これは大変な映画ですよ。
  ノリについて行くだけで精一杯。軽く見てたら振り落とされる。
  思いっきり笑えます!

  イギリスの Underworld(裏社会)が舞台の劇映画。冒頭からラストまで、アクセル踏み込みっぱなしのストーリー展開。それでいてお茶目なシーンが随所に。86カラットのダイヤと、裏社会が仕切るギャンブルのための非公開ボクシング試合、そして八百長を柱に、多くの男達が暗躍する映画。
  ダイヤの盗人・国際ブローカー、ボクシングのノミ屋・プロモーター・チンピラと、なんやかんや大勢のワルが絡んでくる。そしてパンキーたち(イギリスのロマ)がそいつらをけ散らす。
  何気にぼんやり・ウロ~としていると終わっちゃいますョ。

ブラッドatch test  誰が主役か?分からないほどに、みんな自己主張が強い役柄ばかり。おちゃめなシーンも、ここは俺がもらう!と言わんばかりにスクリーンを独占。しかし、そんな演技派ばかりの中で、結果一番おいしいところを、さらって行くのは、ブラッド・ピット演ずるパンキーで、ボクサーになってしまうミッキー・オニール。
  さあ、最後に一体だれが笑うのかな?交渉Stephen_Graham_010



一致団結のパンキーたち なめたらアカンぜよ!




コーナー162855view001_p  監督:ガイ・リッチー|イギリス|2000年|102分|
  原題:Snatch
  出演:ターキッシュ ジェイソン・ステイサム|トミー スティーヴン・グレアム|ミッキー・オニール ブラッド・ピット|フランキー・“フォー・フィンガー” ベニチオ・デル・トロ|ソル レニー・ジェームズ|ヴィニー ロビー・ギー|タイロン エイド|ゴージャス・ジョージ アダム・フォーガティ|ダレン ジェイソン・フレミング|ムレット ユエン・ブレムナー|“ブレット・トゥース”・トニー ヴィニー・ジョーンズ|ボリス・“ザ・ブレイド” レイド・セルベッジア|ダグ・“ザ・ヘッド” マイク・リード|アビー デニス・ファリーナ|ブリックトップ アラン・フォード|


ダイヤ 482-1024-768 ダイヤ 2 _snatch_still

顔2062_7619_n ボス 2 92_5 顔 2 vlc 2009-02-05 05-44-59-26thumb

ポスター0902_470556
チンピラ 2  887_eegs-other203


海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/363-53526d36
Listed below are links to weblogs that reference
Bな映画「スナッチ」 監督:ガイ・リッチー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > Bな映画「スナッチ」 監督:ガイ・リッチー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top