Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 自分を探す映画(4) 「明るい瞳」 監督:ジェローム・ボネル

自分を探す映画(4) 「明るい瞳」 監督:ジェローム・ボネル

メインf3aee18d2016f  先天的に精神障害を持つ主人公ファニーは幼い頃から苦労が絶えない。だから「自分は何か」という問いの答え探しは、もうとうに終えていた。残るは、場や人との出会いであった。

  兄は優しくしてくれるが、問題が起きると「病院に戻れ」と言う。言うしかない兄。なぜなら狭い家に兄夫婦とファニーが住む。兄は新妻を大事にしたい。だが妻とファニーの関係は悪化をたどる。村人と時にいざこざを起こすファニーだが、村の連中は彼女の扱いには慣れている。
  ファニーには、いつもじゃないが、もうひとつの声が聞こえる。発作が起きると黙れ黙れと自分に言い聞かせるが、黙らない、もうひとつの声。これが彼女を苦しめる。この時はイライラ感もザワザワ感もMAXになる。つい、乱暴な振る舞いをしてしまう。この突然の行為にまわりは戸惑うし、兄も振り回される。
  でもいい娘。周囲は彼女に世間についてちゃんと教えてこなかった。その上、すれてない、いわゆる天然、それも超・天然系。だからしてしまう発想や行動。これも周りには突飛に見える。障害にワシづかみされる心、開放される心。精神障害と天然の混ざり具合が、彼女を理解することを阻んでいる。そう、兄も理解できない。天涯孤独なファニーの苦悩は、実はここにある。

  兄とけんかして、ファニーは着の身着のままで車で家を出た。父親が眠る墓地を探しに。父と話したかった。夜の田舎道は暗い。ヘッドライトに照らし出される道の先は闇。ただひたすら走った。朝を向かえ彼女の心は少し晴れてくる。行く先々の村の様子を見る余裕も生まれて来る。ただしガソリンを入れて、もう金は尽きた。バーガーショップに入って隣席のバーガーを盗み食い。笑えるシーンもいくつか用意されている映画。
森2f1c87afee2ec
  ドイツに入って森の中でタイヤがパンクした。四苦八苦している彼女に救いの手を伸べたのが、この森に一人住む男オスカー。ドイツ語しか話せない彼はファニーと会話できない。しかし元々無口な男だ。ふたりの間でドイツ語もフランス語も要らなかった。ファニーの天涯孤独が少しずつ解けていく。森や、森での素朴な日々が彼女の心を穏やかにしていくのであった。

.............................................................................................................................................................
監督:ジェローム・ボネル|フランス|2005年|87分|
原題:Les Yeux Clairs
出演:ファニー(ナタリー・ブトゥフー)|オスカー:森に住むドイツ人(ラルス・ルドルフ)|ガブリエル:ファニーの兄(マルク・チッティ)|セシル:兄の妻(ジュディット・レミー)|

ピアノ_54978403_5 森人44_54978403_5 説明_54978403_3
時にピアノが慰みに            森人オスカー        「墓地」をジェスチャー説明するため道路に寝るファニー、無口なオスカー

バスlairs
野外バス

海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/377-73e6d908
Listed below are links to weblogs that reference
自分を探す映画(4) 「明るい瞳」 監督:ジェローム・ボネル from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 自分を探す映画(4) 「明るい瞳」 監督:ジェローム・ボネル

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top