Home > 書評 > 小説「謎のヴァイオリン 」 クリスティアン・ ミュラー著

小説「謎のヴァイオリン 」 クリスティアン・ ミュラー著

  • Posted by: やまなか
  • 2012-04-23 Mon 06:43:28
  • 書評
本 表紙mage_0


  ヴァイオリンに贋作(がんさく)があることを教えてくれた本。
  名器ストラディバリウス以外に、グアルネリウスという名器があることも教えてくれた小説。
  元捜査官でヴァイオリン鑑定家という都合が良すぎる主人公が、このグアルネリウスにまつわる贋作?について依頼を受け国際的に調査が始まる。
  話は面白く展開し、その中でヴァイオリンのうんちくが披露される。ヴァイオリンは簡単に分解できて、例えば一挺の破損した名器から、二挺の名器が生まれる。当然不足のパーツは古楽器から調達する。鑑定の目は、響き、音色、デザイン様式や素材や木目に鋭く迫る。ソ連からロシアになる端境期に博物館から著名なヴァイオリンが複数流出し、その後行方不明だった。まるで名画と同じようだ。

ヴァイオリン

  ストラディバリが製作したヴァイオリンは、1200挺あるといわれ、今600挺が存在しているらしい。
  一方、主人公のグアルネリウスは、制作された挺数は200程度で現存する挺数ははっきりしていない、ところが面白い。うろ覚えだが、当時、ストラディバリはパトロンがいる著名なヴァイオリニストがユーザーで、よって当時も高価。その上、工房形式で生産されたので生産本数が多い。グアルネリウスは個人で製作、ユーザーは街の演奏家だったらしい。

  (←)グアルネリウスとは・・・ウィキペディアはここから
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/397-9b6beec7
Listed below are links to weblogs that reference
小説「謎のヴァイオリン 」 クリスティアン・ ミュラー著 from 一夜一話

Home > 書評 > 小説「謎のヴァイオリン 」 クリスティアン・ ミュラー著

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top