Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 自分を探す映画(6) 「ある日、突然。」  監督:ディエゴ・レルマン

自分を探す映画(6) 「ある日、突然。」  監督:ディエゴ・レルマン

マルシア     egfpeepges                タクシー     Capt3

海3人i      rfxzuiges  いい映画だ。 繊細なので取扱い注意。

  恋愛経験1度。さしたる明日があるわけでもなし。
  アルゼンチン、ブエノスアイレスのランジェリー・ショップ店員マルシア。そのマルシアがある日突然、レズなカップル、マオ&レーニンにラチされる。でも暴力的ラチではなかった。マオの強引な口車に乗せられて・・・が9割、そしてマルシアの心に突如浮かんだ非日常への好奇心が・・・1割と、レズな気分少々。

  ほぼ所持金なしの、3人3様の数日の旅が始まる。
  タクシーを奪って、3人の女たちは、「見たことない」と言うマルシアのために海へ向かう。その後は目的もなくガス欠、ヒッチハイク、深夜の人身事故。一夜が明け、レーニンの大叔母の家に向かう。

レーニン叔母lhguhgres  長らく行き来もないレーニンの突如の訪問を、大叔母ブランカは気さくに受け入れる。
  部屋を貸して、一人住まいのブランカはさびしい日々を送っていたのだ。一方、母親が家出したり・・・な家庭環境でレーニンは、おのずと悪さやツッパリでバランスをとって来たし、相方マオとの出会いも救いだった。そんなわけでブランカの前でレーニンは裸になれたし、ブランカも同じだった。

キッチンenly  
  さて、この家のあるじ、大叔母ブランカの日なたのような包容力は、レーニンだけではなく、マルシア、マオ、部屋を借りているベジタリアンで知的なデリア、生物学の学生フィリップも包み込む。
  付近の河で舟遊び、家でのパーティと楽しい日が過ぎた。



集まる5-Capt5  しかし、その朝ブランカは急にこの世を去る。
  彼女を囲んだ5人は悲しみに沈み、そしてそれぞれに来た道に戻り始める。
後  ろpete7



  マルシアの、レーニンの、マオの、たどたどしい自分探しの旅は、これから始まろうとしていた。




.............................................................................................................................................................................................................................................................................................
海海vaownefibig  監督:ディエゴ・レルマン|アルゼンチン|2002年|93分|モノクロ|
  原題:TAN de REPENTE|英題:Suddenly
  出演:マルシア(タチアナ・サフィル)|マオ(カルラ・クレスポ)|レーニン(ベロニカ・ハサン)|ブランカ(アトリス・ティボーディン)|デリア(マリア・メルリーノ)|フィリップ(マルコス・フェランテ)|Ramona(アナ・マリア・マルティネス)|Woman in Car(サナ・パンピンス)|Truck Driver(ルイス・エレーラ)|

初めての海、マルシア。

ベッド47_medium マオフィリップ  an3
マオとマルシア。                マオとフィリップ。無垢な彼を好きになる。
映画の宣伝はレズを大きく言うが・・・   
  

海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・製作国リストは、こちらから
日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督名リストは、こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/414-fa035980
Listed below are links to weblogs that reference
自分を探す映画(6) 「ある日、突然。」  監督:ディエゴ・レルマン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 自分を探す映画(6) 「ある日、突然。」  監督:ディエゴ・レルマン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top