Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 『川の底からこんにちは』 石井裕也監督

映画 『川の底からこんにちは』 石井裕也監督

石井IMG_0001石井IMG_0002今日、渋谷ユーロスペースに行ってきた速報。
良かった良かった、
今年の私のベスト5。場合によってはベスト3になるかも。
泣きと笑い。「うまい!!」
主演女優の満島ひかりがいいぞ!
今後きっと伸びるよ、この子。
脇役は、手垢のついた
ああ、いつもの俳優たちネ、を使ってないのがまた新鮮。
公式サイト:http://kawasoko.com/


監督とキャスト9名ほどが、プレトークで舞台に登場。
満席、私、立ち見 (立ち見が10名ほどいました)
ま、通路に座りましたが。

単館系作品と商業系作品と、芸風を2本立てにしたこの監督、賢明だ。
だから、わだかまりなくストレートな商業映画が出来た。
以前観た、石井監督作品「剥き出しニッポン」は、
来るものが何もなかったのですがね・・が正直な所でした。

今日、石井監督はユーロスペースの舞台でなにもしゃべれない。
有難うございますを数回言った程度。
オタクというより、子供の感じ。若い若いね。
おととしの横浜聡子監督のよう、
しっかし、人材出てきましたね、わが国にも!

  今朝の朝日新聞、今朝の王様のランチでも紹介されたらしい。
  さすが「ぴあ」ですね手回しアザトイ。用意周到・ヒット祈願の「ぴあ」
  既に海外映画祭行脚済みとの話が舞台で、「ぴあ」からの司会人からあり。
  海外で評価されないと国内では、食いつきが弱いです、作戦。(ま、そのとおりですね)
   

モトイ。
5月15日からは石井監督の『君と歩こう』上映開始
こちらは、非商業系。 (いかに・・・)
東京国際映画祭のサイト:http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=157

『川の底からこんにちは』 『君と歩こう』公開記念で
石井監督特集をやる同じく5月15日から
初期短編など上映らしい。
ユーロスペースのサイト:http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=271

以上ご報告まで

石井IMG_0003
石井IMG_0004
石井IMG_0005



海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・国別ソート・リストは、こちらから

日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
   〃   ・監督ソート・リストは、こちらから
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/44-16d4a29a
Listed below are links to weblogs that reference
映画 『川の底からこんにちは』 石井裕也監督 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 『川の底からこんにちは』 石井裕也監督

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top