Home > 書評 > 映画「ブック・オブ・デイズ」と「中世ヨーロッパの都市の生活」と。

映画「ブック・オブ・デイズ」と「中世ヨーロッパの都市の生活」と。

  • Posted by: やまなか
  • 2011-11-17 Thu 06:28:03
  • 書評
放浪芸人jcdtbfaba映画 ブック・オブ・デイズ 
監督:メレディス・モンク

  14世紀らしい。ここはフランスの中部にある中世の城壁都市。
  キリスト教徒はみな白装束。この都市ではユダヤ教徒は少数派であり、キリスト教徒に管理監督されている。  服装は黒装束で左肩には丸印をつける事、農業や交易の職には就けない、金細工、皮なめし、ガラス工など、また金貸し・両替商を営むこと、などが書かれた掲示が街の壁に貼られている。この棲み分けルールによって両教徒は同じ都市で平和に住んでいた。


  
ユダヤ親娘Days 1  ある年、ペストがこの都市を襲う。多くの人々が死亡する。キリスト教徒の中から、この災いはユダヤ教徒が原因だという声があがりユダヤ弾圧が始まる。  
  エヴァというユダヤの少女がいた。彼女は不思議なものが見えるようになる。不思議なものとは、それは現代の様子。銀色の飛行機、自動車、無数の人々とニューヨーク、カメラで写真を撮る人の様子など。幻覚なんだろう、他の人間には何も見えない。彼女はこの不安を祖父に相談する。祖父は祖父なりに聖書に沿うような説明するが、途中で説明し切れなくなると同時に、そんな孫を心配し苦悩する。
  娘は自分の理解者を求め狂女と出会い、当時誰も持たない卓越した思想を学び、自己の不安から解放される。
  シーンは現代にスイッチ。彼女が住んだ石造りの家は今もあって廃墟になっていたが、壁には、ある絵が残っていた。娘エヴァが自宅の壁に自身が見た不思議なものを描いていたのだった。

  この映画を初めて観た時は、「抽象的で意味がまったく分からない、あの手の映画」だった。セリフもめっぽう少ない。
  しかし「中世ヨーロッパの都市の生活」という本を最近読んで、改めてこの映画を観たら、素直な表現でいい映画だと気がついた次第。舞台演劇的手法だが嫌味にならない。映像がきれいだ。衣装デザインもいい。音楽は監督の本業なので悪いわけがない。
キリスト  教徒ehoods  ●メレディス・モンク
  アメリカの作曲家、パフォーマー、演出家、ヴォーカリスト、映画製作者、振付家。音楽、演劇、舞踏にわたりトータルな作品を世に送り出しCDも多い。
....................................................................................................................................................................
監督:メレディス・モンク|アメリカ|1988年|74分|
原題:Book of Days
脚本:Tone Blevins|撮影:ジェリー・パンツァー|音楽:メレディス・モンク|美術:Yoshio Yabara|
出演:Toby Newman (少女)|Pablo Vela (祖父)|Lanny Harrison (母)|Daniel Ira Sverdlik (父)|Andrea Goodman (叔母)|Joshua Sippen (叔父)|Karen Levitas (年長の娘)|Hannah Pearl Walcott (年少の娘)|Gail Turner (農婦)|Mieke Van Hoek (商人)|Robert Een (兵士)|Lucas Hoving (医者)|Gerd Wameling (旅の語り部)|Greger Hansen (旅の修道士)|Wayne Hankin (旅芸人)|Ruth Fuglistaller (伝染病患者)|Rob McBrien (商人(死のダンサー))|メレディス・モンク (狂女)
街なみ123 Days 1  孫ord5
ユダヤ人街の家々             エヴァは祖父に、幻覚を説明している (カメラ撮影を説明しているようだ)



-----------------------------
本7760中世ヨーロッパの都市の生活 
J.ギース、F.ギース共著 (講談社学術文庫)
地図-troyes

  1250年、フランスの中世都市トロワ(Troyes)が舞台。
  著者は学者じゃないから、おもしろく物語れる。
  1250年、人々が行き来する街並、映画を観ているように、その様子が読者の目の前に現れる。人の家の中にも入っていく。教会の鐘も聞こえる。リアルな記述が続く。もちろん推測からイメージを膨らませた部分もある。

  下の地図の右上、点線で囲まれている所はローマ時代の城壁。この中に、この街のシンボル、サン・ピエール大聖堂があり、かつユダヤ人地区がある。外国人居留地のような存在。シナゴーグもある。
  街には教会や修道院がたくさん建っている。あちこちから鐘が聞こえただろう。
  ぜひ読んでみて。

  
トロワIMG  トロワは人口1万人。
  パリが5万人、ロンドンは2.5万人、トロワは北ヨーロッパで上位5番目ほど、豊かだった都市。もっとも南ヨーロッパの方が豊か。ヴェネチアは10万人だった。俯瞰してみると当時南北(つまり西)ヨーロッパの推定人口は6000万人くらい。現在のフランス地区は2200万人。


  





  

【目次】
プロローグ
第一章 トロワ 1250年
第二章 ある裕福な市民の家にて
第三章 主婦の生活
第四章 出産そして子供
第五章 結婚そして葬儀
第六章 職人たち
第七章 豪商たち
第八章 医師たち
第九章 教会
第十章 大聖堂
第十一章 学校そして生徒たち
第十二章 本そして作家たち
第十三章 中世演劇の誕生
第十四章 災厄
第十五章 市政
第十六章 シャンパーニュ大市
エピローグ 1250年以降


 海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
    〃   ・製作国リストは、こちらから
 日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
    〃   ・監督名リストは、こちらから
 観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/450-8016be7e
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ブック・オブ・デイズ」と「中世ヨーロッパの都市の生活」と。 from 一夜一話

Home > 書評 > 映画「ブック・オブ・デイズ」と「中世ヨーロッパの都市の生活」と。

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top