Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ゴールキーパーの不安」 監督:ヴィム・ヴェンダース

映画「ゴールキーパーの不安」 監督:ヴィム・ヴェンダース

試合ngポスターBNhnNl7rRzIYyBg==








  集団競技サッカーという仕事、それもゴールキーパーという他人に換えがたい仕事をその途中で放棄する。他人の迷惑気にせず、プイと出て行く幼いような行動。そして自分の日常を後にし、開放感に満たされて非日常を探し出す。でも、何かしたい、という願望はない。
  前作「都市の夏」も同じだった。刑務所を出所した開放感。山分けすべき?金のありかは彼しか知らず、仲間は、逃げる彼を追うが行方をくらます。ひとりにしてくれという感じで幼い。金を独り占めして何かしたいっていう願望でもなさそう。

 
  自ら勝手にある日、現状を一方的に否定し、日常をポイッと捨てれる身軽さ、うらやましい!!
  否定しても、関係者はそれほどに、その非を責めてこない様子、もともといらない人?
  ほとんど無一文で、ふらりと旅に出れる、お気軽さ、無計画さ、映画の主人公さ、ちょいかっこいい。
  事前連絡なしで、ある日突然、女の部屋のドアをたたける、女たらし、同居の男は居ないという確信さ、凄い!
  何かボク疲れちゃったの、と目でモノ言って、それを受け入れてくれる女たち、うっらやましい!
  でも、そこは非日常ではない事に気付き、ドイツを捨て越境したい、ご勝手に。
女の家ramm

サブoZ3mg1v7zmM6FT4OEYIxHQ== 監督:ヴィム・ヴェンダース|西ドイツ・オーストラリア|1972年|101分|
 原題:Die Angst Des Tormann's Beim Elfmeter
 英題:THE GOALIE'S ANXIETY AT THE PENALTY KICK
 原作:ペーター・ハントケ|脚本:ヴィム・ヴェンダース|撮影:ロビー・ミューラー
 出演:アルトゥール・ブラウス(ヨーゼフ・ブロッホ)|カイ・フィッシャー(ヘルタ・ガブラー)|エリカ・プルハール(グローリア)|リプガルト・シュバルツ(アンナ)|マリー・バルディシェヴスキ(マリア)|リュディガー・フォーグラー(村の白痴)



ひょっとして、イルミネーション。
ヴィム・ヴェンダースという人、ひょっとして、キラキラするイルミネーション好きなんじゃないかな。

ジューク2AFE382B9F090122●ジューク・ボックス
実際にいじったことある世代/ない世代で、その印象はだいぶ違うかも。
これしかなかった。持て余した時間、好きな音楽を一曲だけ聴く。タバコ1本吸うように。
選べる面白さもあるが、シングル盤が自動でターンテーブルまで運ばれ回転し始め針が下りるのが、見えるジュークボックスが嬉しい(らしい)監督がね。メーカーによっていろんな仕掛けがあったらしい。
置いている店主の趣味を反映することもできたし、コインを入れる人間の趣味も店内に知らしめた。

ピンボールE382383ABll  ●ピンボール
  デジタルでもあるから皆知ってる。
  しかし、当時はこれしかなかった。
  大人が遊んだ。


  ●映画館の窓口
  ワーナーマイカルなんかで、館内ホールを少し暗めにして、相対的にチケット販売窓口を明るくしている。もちろん普通の映画館のチケット販売窓口の明り、昔は、ほの暗い通りで輝いていたかも。



 海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
    〃   ・製作国リストは、こちらから
 日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
    〃   ・監督名リストは、こちらから
 観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/455-d5dcd78c
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ゴールキーパーの不安」 監督:ヴィム・ヴェンダース from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ゴールキーパーの不安」 監督:ヴィム・ヴェンダース

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top