Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」  監督:森崎東

映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」  監督:森崎東

原田 倍賞0kd54hwE ヘルメットB0983

  福井県の美浜原発を取り上げた映画。
  原発内で危険な作業を専門にする人々を原発ジプシーと言っている。定期検査がある全国各地の原発を渡り歩いている。

  更衣室で、原発に入る前の準備風景が映画に出てくる。下着の袖口やズボン下(下着)のスソを太い粘着テープで何重にも巻いている、放射能汚染水の浸入を防ぐ手段なのか? 発電所の係員は作業者全員の首に放射能探知機をかける。宇宙服のような防御服を着て、暗い狭い作業場所に入っていく。息でヘルメットの前面が曇って周りがはっきり見えない。

  ここ美浜の街はこうしたジプシーがたくさん集まってきていて夜の店は繁昌している。席に着くと彼らは一様に空のビールビンに口を当ててビンを吹く。ボーと音が鳴る。その鳴り方、音の大きさで自身の健康状態を図る。放射能で弱った身体だと、その鳴りが弱いらしい。
  街にサイレンが鳴った。発電所の人が店を回って「水が出た、手伝って欲しい」ジプシーは酒を中断して原発に向かう。

ドラム缶B0984  地方をひとりで巡業するストリッパーのバーバラ(倍賞美津子)は、ひもの野呂(平田満)を従えて、この美浜で親しいアイコ(上原由恵)に会うのを楽しみにしてやって来た。ところがアイコは悲しみの中にいた。原発ジプシーの安次と(泉谷しげる)祝言をあげる事になっていた直前に、安次は帰らぬ人となった。作業中に仲間数人と、原発内の高所から墜落し外傷を負い、高濃度汚染水に傷口がさらされた。居合わせた作業員は、墜落した者達の傷口をタワシで洗浄した。しかし墜落した全員は亡くなってしまう。死亡したジプシー達は、防御服のまま放射能汚染物として専用のドラム缶に収めれれ、ヘリコプターで宙吊りにして、どこかへ運ばれていく。


安4257072_11  しかし、アイコのことを知っていた作業員は安次の遺体を密かに運び出し、墓に収めた。
  アイコは墓の前で祝言をあげるべく、バーバラとひもの野呂に手伝ってもらう。その時突如、墓の中から安次が防御服の姿で現れる。防御服を脱いだ安次は地面に正座し、仲人の野呂に丁寧な挨拶をする。祝い酒の一升瓶を酌み交わす。いい祝言があげられた。幸せそうなふたりは、どこかへ去っていった。

  ちょうど、その頃、安次の遺体紛失を知った発電所は地元やくざを使って、事の次第をもみ消そうとアイコを殺害していた。
  バーバラと腐れ縁で、一匹狼やくざの宮里(原田芳雄)は、美浜のやくざとも通じていた。今度はバーバラと宮里がやくざにそして警察からも狙われる。宮里は「事件のすべてをバラす」と公言する。

  以上のストーリーを軸に、ほかにいくつものエピソードを絡めた脚本だが、いろんなエピソードを絡めたことで、話が散らかってしまい原発問題を薄めている。意図的か?矛先が見当違いであることは確かだ。でも見ておくべき映画。

監督:森崎東|1985年|キノシタ映画|配給:日本アート・シアター・ギルド|
脚本:近藤昭二・大原清秀・森崎東|撮影:浜田毅|
出演:倍賞美津子 (ストリッパーのバーバラ)|原田芳雄 (宮里)|平田満 (元教師→バーバラのひも・野呂)
上原由恵 (アイコ)|泉谷しげる (アイコの彼氏、原発ジプシーの安次)|
片石隆弘 (バーバラの弟・正)|竹本幸恵 (タマ枝)|久野真平 (和男)|小林トシ江 (バーバラの母・タケ子)|梅宮辰夫 (鎧刑事)|左とん平 (大内)|小林稔侍 (戸張)|殿山泰司 (船長)|乱孝寿 (ギン子)


更衣室kouisituTS3 浜辺0981
原発内の更衣室             向こうに原発を見ながらバーバラとアイコ
バーバラのひも・野呂(平田満)は原発作業員になって稼ぐ

散弾銃oknges


 海外映画評・題名50音順リストは、こちらから
    〃   ・製作国リストは、こちらから
 日本映画評・題名50音順リストは、こちらから
    〃   ・監督名リストは、こちらから
 観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/473-90e81c80
Listed below are links to weblogs that reference
映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」  監督:森崎東 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」  監督:森崎東

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top