Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「祝祭」  監督:イム・グォンテク

「祝祭」  監督:イム・グォンテク

儀式123  姪im

  韓国の葬式の話ですが、苦味、酸味、そして旨味があって、その上 何やらとても にぎやかな映画です。
上i2
  ソウルに住む著名作家イ・ジュンソプの母親が亡くなり、チャンフン(長興)にある実家で葬儀を行うことになります。親族や地元の名士や近隣の人々、そしてソウルからはるばるやって来る出版社の編集者や評論家の人々で、実家はごった返しています。庭のあちこちにテントを張って何とか収まった。
  ここに集まった人々は、ジュンソプという40歳過ぎの男が40数年生きてきた証であり、彼の生い立ちから現在の地位までを、グッと濃縮したドラマとして観客は見ることになります。様々な出自の人々が、うろうろします。人間臭いエネルギッシュさが前面に展開されます。またドロドロした面も時にはコミカルに描かれています。
踊り231
  日が沈むと実家は闇の中に浮かび出る。テントの灯りの下で人々は、料理に酒と、充分な通夜ふるまいをうけています。酔っ払えば話声も大きくなり口も滑る。そのうち始まったのが死者を送る唄。儀式にのっとり死者を送る唄のリードをとるおじさん、皆は輪になって回りながら踊りながら歌い合わせます。
  韓国は儒教の国。葬儀はたいてい儒教式で行われます。ジュンソプの実家は地方なので伝統的葬儀なのでしょう。そういう伝統/民俗的視点から記録映画としてみることもできます。
  映画に出てくるシーンから伝統的なシーンを拾うと、まず葬式の装束が目を引きます。みながそろって行う儀式も注目です。ウソ泣きで「アイゴー、アイゴー…」と大声で泣く儀式は、葬儀の期間中の朝夕行われます。屋根に登って行う儀式、喪輿で出棺から埋葬するまでの儀式などなど結構忠実に映像化されているらしいです。
  さらには、ジュンソプが自身の幼い頃、この実家で祖母との経験を基にした創作童話のシーンが、何箇所かに挿入されています。とても盛りだくさんな内容の映画です。観客にも通夜ふるまいを受けている気分になります。

  皆が笑っている集合写真は、メイキング色が強いですがほほえましい。
集合333321 
監督:イム・グォンテク|韓国|1996年|107分|英題:Festival|祝祭(チュッチェ)|
原作:イ・チョンジュン|脚本:ユク・サンヒョ|脚本:ユク・サンヒョ
出演:アン・ソンギ(イ・ジュンソプ ソウルに住む著名作家)|オ・ジョンヘ(イ・ヨンスン ジュンソプの姪)|ハン・ウンジン ジュンソプの母|チョン・ギョンスン(チャン・ヘリム 業界雑誌記者)|ほか多数

地図3


都会で葬式となると、こんなことが出来ないのは、どこの国も同じ。韓国では病院の地下に斎場があって通夜が現代風に行われるらしい。そんな斎場でも花札がおいてあるそうです。この映画で花札のシーンがありますが、あれは至極当然な事のようです。


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/497-d302bb02
Listed below are links to weblogs that reference
「祝祭」  監督:イム・グォンテク from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「祝祭」  監督:イム・グォンテク

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top