Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 「初恋・地獄篇」  監督:羽仁進

「初恋・地獄篇」  監督:羽仁進

あたま201106122

  1968年を記録した映画です。
  ほとんどのシーンがロケーション撮影。彫金師見習いのシュンとヌードモデルのナナミ、幸せ薄い少年少女のラブロマンス。性的情報・大氾濫の今から観ると、なんとも牧歌的な青少年の性意識、および風俗ビジネス。当時はこうだったんだ・・・、いま観ると、羽仁/寺山の意を越えて、これドキュメンタリーになってます。
  あわせて街の様子や、東大合格者への直撃インタビューなど、1968年ごろのオモテは勢い良くて、ウラ悲しくて、何やら何処かがザワザワしていて、1968年のどんよりした虚無感が、観客側まで漂ってくる。

  シュン少年が精神病院に連れて行かれて、医者がシュンの目の前で振り子を動かして催眠術をかけるとか、街頭で「寂しい人たちのためのレコード」を売っていたりとか、夢想的な短いシーンを各所にスパイスのように挿入してロケーション色への偏りを戻している。寺山色出し。仮面kamenn
  
  この映画は、1968年という独特の年の世相を記録したドキュメンタリー映画です。その意味は、ロケーションが多くてドキュメンタリー・タッチだという製作手法のことではなくて、1968年の「性」や、1968年の「こういった映画」として作られ観られた その総体が瞬間冷凍されてる。だから、2012年の今 観ると1968年を記録した映画にみえます。ただ、時間が経って風化がすすみ、こじんまり してしまいました。






前でimg86a  監督:羽仁進|1968年|ATG|108分|
  脚本:寺山修司、羽仁進|撮影;奥村祐治|
  出演:高橋章夫 (俊一(シュン))|石井くに子 (ナナミ)|満井幸治 (養父)|福田和子 (養母)|宮戸美佐子 (実母)|湯浅実 (ひげ男(安国寺))|額村貴美子 (ひげ男の妻)|木村一郎 (催眠術医師)|支那虎 (メッカチ)|浅野春男 (代数)|スージー・トランブル (女闘美A)|安西愛子 (女闘美B)|安念むつ子 (女闘美C)|上島チズ子 (ヌード嬢A)|松島フジ子 (ヌード嬢B)|島田幸子 (ヌード嬢C)|島田こずえ (ヌード嬢D)|宮原紀幸 (俊一の幼年時代)


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/510-cac5f0f1
Listed below are links to weblogs that reference
「初恋・地獄篇」  監督:羽仁進 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 「初恋・地獄篇」  監督:羽仁進

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top