Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「さすらい」  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

「さすらい」  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

ポー沿い50l トップimg_1212544_3712

  いい映画だ。荒削りで骨太な味がいい。

  アルドという男が、4人の女、イルマ、エルヴィア、ヴィルジニア、アンドレイーナを渡り歩く話、というより4人の女にアルドが拾われる話。

  場所はイタリア北部。つまりイタリア半島の付け根を東西に流れるポー川の流域。見渡す限り平坦で荒涼とした大地だ。家々はまばらに点在し、それでも寄り添って暮らし、村をなしている。村を離れると、荒々しい風以外本当になにもない寒々しい土地。

  この村に製糖工場がある。ここに勤めるアルドは、イルマと同棲してもう7年、ふたりの間には娘がひとりいる。イルマの夫は海外に行ったきり帰国しない。村では何かと、うわさになるアルドとイルマだった。
イルマo
  映画冒頭、イルマは警察に呼ばれて外国にいる夫の死を知った。その直後、イルマはアルドに対して一方的に要求と告白をする。別れてくれ、実はあなたとは別な男と、関係が出来ていたと。アルドにとって青天のヘキレキ、あわててイルマを説得するがイルマはガンとして耳を貸さない。決めちゃったの。とうとうアルドは娘を連れて家を出た。ふたりめilgo

  アルドと娘はポー川沿いの土手を川下へとたどり、行き着いたのは、イルマと付き合う以前の女・エルヴィアの家だった。いまだ独り身のエルヴィアは温厚・家庭的な女で父娘を暖かく受け入れようとする。(→)

タンクローリーb63fb0


  しかしアルドはここを去り、タンクローリーの背に乗ってヒッチハイク、道路はひたすらまっすぐに続く。次にたどりついたのは道沿いのガソリンスタンド。老父を抱えて独身ヴィルジニアが店を切り盛りしている。彼女は見るからに哀れな父娘を泊めてやり、翌日からアルドはガソリンスタンド・マンになる。なんかうまく行きそうだ。スタンド82_
  しかしそのうちヴィルジニアはアルドの娘の世話を嫌がりだし、アルドは娘をイルマの元へ返してしまう。ということはアルドは未だにイルマを忘れられないでいる。

アンドレイxS1qc1y9zo
  ある日、ここも出て行ってしまうアルド。だいぶ精神的によれよれだ。暖かく拾ってくれたのが河岸の小屋に住むアンドレイーナ。
  回復したアルドは問題の先送りを止め、決心して元の村に帰っていった。村ではひと騒動が起きていた。そしてアルドと映画の結末はどこへ・・・。



  脚本においてアルド、その娘そして女4人の人物描写があいまいだ。登場人物間のドラマと言うよりも、広大なポー川流域の荒涼さに対して、人々の存在のちっぽけさを描きたかったんじゃないかと思います。だからか、細やかな人情/感情表現や物語の継続/関係性は、省略のために切る部分はざっくり切られていて、そこがワイルドで、今となっては結構魅力的。


サイロGrid

監督:ミケランジェロ・アントニオーニ|イタリア |1957年|102分|原題:The Cry|IL GRIDO
原案:ミケランジェロ・アントニオーニ|撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ|
脚本:エリオ・バルトリーニ、エンニオ・デ・コンチーニ、ミケランジェロ・アントニオーニ
出演:スティーヴ・コクラン (アルドAldo)|アリダ・ヴァリ (イルマIrma)|ドリアン・グレイ (ヴィルジニアVirginia)|ベッツィ・ブレア (エルヴィアElvia)|リン・ショウ (アンドレイーナAndreina)|ガブリエラ・パロッタ (Edera)|Mirna Giradi (Rosina)

  男が少ない
  太平洋戦争後、戦死した兵士が多く男性の数が少なくなっていた時代。この作品の根底にある事実です。

  イタリアの砂糖
  イタリアの砂糖産業はポー川沿いに集中している。最終製品は「ズッケロ・ビーツ」とかになる。原料は砂糖大根、テンサイ、ビーツとか言って北海道でも栽培されている。この映画作品の村にも広大な畑が出てくる。春に植えられ夏から収穫され、製糖期間は8月から11月である。よってアルドの工場は年間4ヶ月しか稼動してないのだろうか。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/517-dc375f01
Listed below are links to weblogs that reference
「さすらい」  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「さすらい」  監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top