Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「真昼の不思議な物体」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

映画「真昼の不思議な物体」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

トップ0371_
サブc00737
  お年寄りが数人、軒先でだらだら無駄話に花を咲かせている。中に話を作るのが上手な人がいて、ちょっとした話を笑い話にするんで人気があるというか、信用が無いというか。 あなたは、こんな輪の中に入って行って一緒になって楽しめます?

  頭の隅にまだ仕事が引っかかってる人、はやい話が好きな人、そもそも人の話を聞かない人は、観ないほうがいい。この映画、なんせタイの村人の、ゆったりした与太話ですから。

  映画冒頭はバンコクなんでしょうか? 軽トラックで魚売りのおばさんが「作り話」を語り始めます。それを受けてタイの各地の老若男女が、話を引き継いでリレーで語っていきます。だから、話のその行先は誰もわかりませし、話は終結するのでしょうか? そうそう手話で話されるシーンもあります。
  語る人々の様子がドキュメンタリー味で撮影されていて、語った内容が劇映画味で再現され、これらをアピチャッポン・ウィーラセタクン風味でコラージュされる事で、一気に素晴らしい映画に仕上がりました。また、引き継がれた話を、小さな民芸劇団員に劇に仕立ててもらい、村の舞台で上演する様子も映画に盛り込まれています。2000年ころのタイの地方の様子はこんななんだ、ということが素のレベルでわかります。ただ、楽しむには、タイの語り部たちと同じように、こちらがゆったりした気分の持ち主でないとね・・・、という映画です。理屈で解釈する映画じゃない。寝ずに楽しみましょう。
イメージimg_

【アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の映画】
 これまでに記事にした監督の作品です。
 以下のタイトル名をクリックして記事をお読みください。

 「真昼の不思議な物体」 (2000年)
 「ブリスフリー・ユアーズ」 (2002年)
 「アイアン・プッシーの大冒険」 (2003年)
 「トロピカル・マラディ」 (2004年)
 「世紀の光」 (2006年、日本公開は2016年)
 「ブンミおじさんの森」 (2010年)
 「メコンホテル」 (2012年)
 「光りの墓」 (2015年、日本公開は2016年)
   
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン|タイ|2000年|83分|
英題:Mysterious Object at Noon
脚本:タイの村の老若男女|撮影:プラソン・クリンボーロム

はじめimal に1319396815065 さんm3 
よん8 ごmyst    3人撮影スタッフtua
                                       タイの各地を2年かけて回ったそうです。


一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/518-6299ebf3
Listed below are links to weblogs that reference
映画「真昼の不思議な物体」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「真昼の不思議な物体」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top