Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「ハリウッドホンコン」  監督:フルーツ・チャン

「ハリウッドホンコン」  監督:フルーツ・チャン

耳    チュウ一家

  人と豚。擦れ合う肌。食う肉、食われる肉。
  人の片腕は夜空を飛び、めいめいの憂さは、ブランコ大きく振って振り落とせ。

店 ぶた運ぶ 再開発が決まっている、香港の不法な密集住宅地区ダイホム・ビレッジ。様々な人々が、生活の場を追い立てられようとしている。一方、そんな事は我関せずで、黙々と商売に励む人たちもいる。
  そんなかのひとり、焼き豚製造販売のチュウ。奥さんは出て行ったが息子のミン、その弟サイ。そろいもそろって巨漢だ。毎日3人そろってトラックに乗り、食肉市場で豚を買い、店の裏の工場に運び込み、照り焼きにしている。美味そうな香りがしてくる。路地の商店街にある店は繁盛している。
  その近くにウォンが住んでいる。同棲の女性とふたりでネットで売春稼業している。ミンは常連客だ。

女
  そんな彼らの前に上海から来たという、ひとりの女性が現れる。3つの名前。
 彼女のONな名前 : 紅紅(ホンホン)
  出会い系サイトで働いている。ウォンが客になった。ちょっと恋気分のウォン。
  紅紅は公園の林の中で夜空を見たり、普通にあるようなデートごっこがしたかった。


 彼女のOFFな名前 : 東東(トントン)
ブランコ3  プラザ 東東は、サイの前ではまるで少女のようだ。プラザ・ハリウッドで食べたり遊んだり、ふざけ合い楽しそう。
  サイの店の裏庭にブランコがあった。ブランコに乗って嬉々としている彼女は、幼い頃を幼いように生きれなかった事を取り戻そうとしているようだ。




どう  ii も一度、彼女のONな名前 : 紅紅(ホンホン)
  サイと遊んだついでに、紅紅に戻った?東東はミンに妖しいチョッカイをかける。彼女はONとOFFの間に、もうひとつあるようだ。
  そして父親のチュウも東東名義の彼女に淡い気持ち。チュウはこれがもとで人生最大の出来事に遭遇するが、日頃のプロ意識はとっさの判断を促し、誰知らず事を終えることになる。

 彼女の3つ目の名前 : 芳芳(フォンフォン)
立ち退き  密集住宅地区ダイホム・ビレッジから見上げると、高層のハリウッドマンションが嫌でも見える。このマンションのC棟26階260号室が彼女の家だ。一人住まい。最近引っ越してきたようだ。生活感が全くない。コンビニで済ませている感じ。ピーターという男と愛人関係でパトロンで売春組織のボス、つまり地場のやーさん。芳芳はアメリカに連れて行ってとピーターにせがむ。行きたいらしい。憧れている。抜け出たい。

マンション  そのために、芳芳はこの部屋でウォン・ミン・チュウなどに脅迫の手紙を書いている。ピーターの入れ知恵である。未成年の紅紅/東東に対して淫らな行為をしたとして・・・。請求額15万ドル、高額な請求である。実は芳芳は二十歳を越えていた。
  芳芳はピーターに電話で言う「強(キョン)という男が未払いなの」
赤い布
  実は、東東でいる時の芳芳は、サイをこの部屋に連れてきた。見下ろすダイホム・ビレッジ。しかしサイは自分の家がどれかわからなかった。サイは急いで家に帰り、マンションにいる東東に赤い旗を振った。それを見て彼女も窓から赤い布をはためかせた。
 
  そんな脅迫な手紙が届いた男たちは慄き怒った。
  なかでもピーターは未払いの「強」という男を手下どもを使って探していた。「強」とはウォンであった。ちょうど近所に買い物に出たウォンは、追いかけられている男が手下どもに捕まり「左腕」を切断される現場を見た。その腕は、夜空に向かって投げられた。そして同時にそこに居合わせたウォンこそターゲットだと知った手下達は、ウォンを追いかけた。逃げおおせる相手ではなかった。ウォンは捕まり「右腕」を切断された。そしてその腕は同じく夜空にアーチを描いた。

屋ね左手  夜中に屋根がドサッと音がしたら誰もが気が付く。サイが見上げると「左腕」が見えた。腕には黄志強(ウォン・ジーキョン)と刺青されていたのでウォンの腕だとサイは直感した。ていねいにサランラップで巻いて、豚肉を入れておく冷凍庫にしまった。翌朝ウォンの腕の接合手術が始まる。麻酔をして後、医者は気が付いた。ウォンの「右手」に接合しようとする、その拾った腕は「左手」であった。ええい!無いよりまし!ってことでくっ付けちゃう。

  東東/紅紅からサイに絵葉書が届いた。お世話になりました。私はアメリカのハリウッドにいますと。
  チュウ一家は、何事も無かったように今日も3人トラックに乗っていた。信号で停車してふと見た隣の車のドライバー。煙草を持った、その手が変。左手なのに右手が付いている。よく見ると、腕のつなぎ目で刺青の絵が違っている・・・。




女2監督・脚本:フルーツ・チャン|フランス、香港、日本|2001年|108分|
撮影:オー・シンプイ|原題:香港有個荷里活|英題:Hollywood Hong-Kong
出演:トントン・ホンホン・フォンフォン(ジョウ・シュン : ハリウッド地区に住む少女)|
チュウ・チャイケイ(グレン・チン : ダイホム村で焼豚屋を営む)|
ミン (ホウ・サイマ : チュウの長男)
サイ(レオン・ツィーピン : チュウの次男)
ウォン・チーケン (ウォン・ユーナン : 近所の兄ちゃん。ネットで出会い系サイト運営)

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/521-fc6d060a
Listed below are links to weblogs that reference
「ハリウッドホンコン」  監督:フルーツ・チャン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「ハリウッドホンコン」  監督:フルーツ・チャン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top