Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「ぼくとママとおまわりさん」 監督: エラ・レムハーゲン

「ぼくとママとおまわりさん」 監督: エラ・レムハーゲン

親子












  スウェーデン映画です。すなおな作品。みんなが楽しめそうです。
  
バンド  美人のママは一人息子ツァツィキと仲がいい。
  ママは自宅ガレージでアマチュア・ロックバンドのボーカル兼リーダー。バンドのベース男と同棲、計3人暮らし。

  ツァツィキは自分の部屋に実の父の写真を飾っている。
  ママから何度も聞いた。実の父はギリシャ人で、ママが若いころギリシャの海にヴァカンスに行った時に恋に落ちた、その時の一粒種。鼻が似ているらしい。海の男らしい。ママはアッケラカンな性格だ。でも真っ直ぐ。
  ツァツィキはまだ見ぬ父を誇りに思っている。いつしかツァツィキはギリシャに行って父に会い、一緒に海に潜りたい。そんな夢を持つようになった。だから、まずは水中でどれだけ息を止めていられるか訓練している。
プール
  近くのスポーツジムのプールは水深がある。警備員の目を盗んでは、一人プールに潜るツァツィキ。鉄アレーを両手に持って飛び込む。1秒2秒3秒・・・35秒36秒37秒・・・・
  ここいらの所轄の白バイ警察官は、このジムが使える。そのひとりヨーランが水中にいる少年を発見、溺れている!!プールに飛び込んでツァツィキを救出しプールサイドに寝かせた。ツァツィキ 「42秒潜れた。新記録!!」
僕とヨーラン
  ヨーランは白バイでツァツィキを家まで送り届ける。ママとヨーランの最初の出会い。ヨーランはこの家で部屋貸しますポスターを見た。
  後日、ヨーランはツァツィキの家に引っ越してきた。新たな同居人。きれい好きで子供好きで体育系タイプ。ママとはちょっと合わないかな・・・。ベース男はいかに。
  ま、紆余曲折ありますが、観客みんなが希望する方向に話は展開しますので、ご安心を。おまけに我々観客もギリシャの彼に会えます。またツァツィキの彼女もかわいい。

  自分の出自を確認したい、身近に父親的存在が欲しいツァツィキ。ギリシャの事は思い出の中に封印しておきたい、それより優しく包み込んでくれる人が欲しいママ。

  肩の力を抜いた、でもていねいな佳作です。


父監督:エラ・レムハーゲン|スウェーデン|1999年|95分|
原題:TSATSIKI, MORSAN OCH POLISEN|
原作:モニ・ニルソン・ブランストレム|脚本:ウルフ・スターク|撮影:アンデルス・ボーマン|
出演:サミュエル・ハース(ツァツィキ)|アレクサンドラ・ラパポート(ママ)|ヤコブ・エリクソン(ヨーラン・おまわりさん)|サム・ケッセル

読書



洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/526-e2eac391
Listed below are links to weblogs that reference
「ぼくとママとおまわりさん」 監督: エラ・レムハーゲン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「ぼくとママとおまわりさん」 監督: エラ・レムハーゲン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top