Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 監督:吉田大八

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 監督:吉田大八

トップ






  両親が交通事故で亡くなり、残された家族は、長女独身・澄伽、次女・清深、そして後妻の子(長男)宍道とその妻・待子の4人。

長女  澄伽は東京にいて葬式のために久々の帰省。「あたしは女優になる才能がある」と思い込み、当時父親とスッタモンダの末に家出した。
  はいれた事務所は、や印そのまんま。昼ドラの端役にちょい出るか出ないか。しかし、今でも「あたしの女優の才能は凄い」と超・自己中。あるオーディション会場で、落としたわけを問いただすが審査員たちの開いた口はさらに開く。


妹
  後妻の子・宍道は、4年前に待子と結婚し、この家のあるじ。高校生の次女・清深と3人暮らし。
  清深はホラー漫画を描く。姉が家出する時のゴタゴタをネタにして作品は新人賞を獲得した。両親の事故を目の前で見たことも作品にしたが、さすがに引き出しに閉まっている。
  姉・澄伽は昔から清深を虐めている。家庭内暴力だ。虐められると、それが、清深の作品ネタになる。清深は姉に言う 「姉ちゃんは、自分の面白さを知らない」


待子  妻・待子は品川のコインロッカーで生まれ、施設で育った。農村の嫁不足、集団見合いで宍道の妻になって4年経つが一度も一緒に寝ていない。そこが辛い待子。
  宍道と澄伽は以前から出来ていた。それを今回のぞき見して知った清深は有頂天。
  話もどって、妻・待子は夫・宍道にいつも怒鳴られている。澄伽も他人を人と思わない性格。よって二人から下女あつかいだ。でも耐える待子。「家族ですもの!!」 待子は、生まれて初めてのファミリー体験中なのである。有頂天。


  時は経ち、清深はホラー漫画家として認められ東京へ行く。姉の澄伽はどうしようもない。父親に認められずにかつて家を出て、業界に認められず帰省し、今は金もない。

  うーん、宍道と澄伽の演技が固い。だから つまらない。
  そのなかで ひとり抜きん出ているのが、妻・待子役の永作博美。 実にいい演技だ! これが言いたくて、この映画をピックアップした。

夫婦監督・脚本:吉田大八|2007年|112分|
原作:本谷有希子|撮影:阿藤正一、尾澤篤史
出演:佐藤江梨子 (和合澄伽)|佐津川愛美 (和合清深)|永作博美 (和合待子)|永瀬正敏 (和合宍道)|土佐信道 (小森哲生)|山本浩司 (萩原)|上田耕一 (和合曾太郎)|谷川昭一朗 (神野)|吉本菜穂子 (審査員(女))|湯澤幸一郎 (審査員(男))|ノゾエ征爾 (オーディションの相手役)|米村亮太朗 (田嶋)|大原真理子|高橋睦美|金沢まこと|大川婦久美

漫画846ls   家で

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/531-7f9eedd8
Listed below are links to weblogs that reference
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 監督:吉田大八 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 監督:吉田大八

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top