Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「アナザー・デイ・イン・パラダイス」  監督:ラリー・クラーク

「アナザー・デイ・イン・パラダイス」  監督:ラリー・クラーク

top ふたり2 top ふたり

  街の悪がきがドラッグでたむろっている。そのドラッグ買う金欲しさに、その中のひとりボビー16歳がビルに忍び込み、自販機を片っ端からこじ開け、袋に硬貨を流し込む。そこを警備員に捕まりボコボコ殴られた。ほうほうのていで帰って傷の手当て。病院に行けば捕まるんで、自称医者のメルが来た。メルの本業は泥棒。これがボビーとメルの出会い。悪ぶっているが何にも染まってないボビー、その素材の良さに目を付けたメルは自分の手下にボビーをスカウトする。銃の扱いなどイロハから教わる。

  ボビーにはロジーがいて、メルにはシドがいる。ドラッグの売買などいくつか仕事を一緒にこなした。大きな額の現金を稼いだ。今までじゃ考えられない、派手な買い物もした。
  ボビーがメルに父親のような頼りがいを感じ始めるに合わせて、ロジーはシドに母親を感じ、シドはみんなを家族に思うようになってきた。そんな時にロジーが薬物でショック死する。泣き叫ぶボビーだが何もできない。

メル&シド  大きく稼げるといううまい話に乗ったが、逆にはめられた。ボビー、メルは、その筋の何人かに発砲し殺す。何とか現金を手に入れ、しかし逃亡せざるをえない結果。追っ手は必ず来る。逃げる車中で、メルはうまくいかなかったことに憤慨しロビーのせいにする。追っ手が今は来ないことに少し安堵したメルは、ボビーの口ふさぎを考えシドにささやく。「シャベル買ってこい」
  ガソリンスタンドに立ち寄った。シドはボビーに金を渡し、逃がしてやる。ガソリンスタンドの裏手に広がる畑をボビーはひたすら走った。

ボビー  う~ん、脚本がつたないな。特に薬の売買や殺人シーンなどは、この映画にとって重要なシーンだと思うんだが、なんだありゃ!  
  でも、この映画なぜか印象に残る。それはボビーとロジーのういういしさ。どこか涼風が吹く。そこがいい。
  
  この映画を思い出したきっかけは、イギリス映画「ボクと空と麦畑」1999年 で少年が麦畑を走る、こんなシーン、どっかで観たな・・・でした。 

  
サブ 4人  監督:ラリー・クラーク|アメリカ|1998年|106分|原題:Another Day in Paradise
  原作:エディ・リトル|脚本:クリストファー・ランドン、スティーヴン・チン|撮影:エリック・エドワーズ
  出演:ヴィンセント・カーシーザー (Bobbie)|ナターシャ・グレッグソン・ワグナー (Rosie)|ジェームズ・ウッズ (Mel)|メラニー・グリフィス (Sid)
ジェームズ・オーティス (Reverend)|ポール・ヒップ (Richard Johnson)|ブレント・ブリスコウ (Clem)|ピーター・サースガード (Ty)|キム・フラワーズ (Bonnie Johnson)|ブランドン・ウィリアムズ (Danny)

                                     シド2
                                         シド
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/535-b9b4faa6
Listed below are links to weblogs that reference
「アナザー・デイ・イン・パラダイス」  監督:ラリー・クラーク from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「アナザー・デイ・イン・パラダイス」  監督:ラリー・クラーク

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top