Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」  監督:ブラッド・シルバーリング

「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」  監督:ブラッド・シルバーリング

姉弟       伯爵

  子供も観れる映画ですが、怖がる子もいるでしょう。
  ボードレール家は代々お金持ちで、市中にある大きな屋敷に住んでいた。ある日、屋敷が全焼し両親を亡くした。たまたま外で遊んでいた三人の子供たちは助かった。姉・ヴァイオレットと、弟・クラウスと、妹・サニー。
  まもなく、生前、親が用意しておいた後見人が現れ、子供たちを身元引受人のオラフ伯爵邸まで連れて行く。こいつが悪いヤツで、伯爵邸にある塔に仕掛けた特殊な装置を使って、10ブロック先にあるボードレール邸に放火したのだった。
叔父  
  子供達に対するオラフ伯爵の待遇の悪さが目に余り、後見人は次に爬虫類学者のモンティ叔父さん宅に連れて行く。ここへ、変装したオラフ伯爵が現れる。実は伯爵はボードレール家の全財産を狙っているのだった。オラフ伯爵の計画は成功し、モンティ叔父さんは死んでしまった。

叔母  後見人は次にジョゼフィーン叔母さんちに連れて行く。断崖絶壁に玄関があり、家は空中、床下はるか下は海という、なんとも見晴らしのいい家だ。しつこいオラフ伯爵はここにも現れる。そしてそののち、様々な危機が起きるが、ボードレール家三姉弟は勇気と知恵で苦難を乗り越え、幸せをつかむのであった。

  こども映画ですが予算たっぷりな映像がいい。作った人達が遊んでますね。


叔母の家  監督:ブラッド・シルバーリング|アメリカ|2004年|109分|
  原題:Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events
  原作:レモニー・スニケット|脚本:ロバート・ゴードン|撮影:エマニュエル・ルベツキ
  出演:オラフ伯爵 (ジム・キャリー)|ジョセフィーンおばさん (メリル・ストリープ)|ヴァイオレット (エミリー・ブラウニング)|クラウス (リアム・エイケン)|サニー (カラ&シェルビー・ホフマン)|ミスター・ポー (ティモシー・スポール)|モンティおじさん (ビリー・コノリー)


 ラストにアニメーションが出てきます。これで映画が出来そうです。
イラスト1    イラスト2
イラスト3     残りわずか  伯爵 あ



洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/536-03ce8b6d
Listed below are links to weblogs that reference
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」  監督:ブラッド・シルバーリング from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」  監督:ブラッド・シルバーリング

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top