Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「ローズ・イン・タイドランド」  監督:テリー・ギリアム

「ローズ・イン・タイドランド」  監督:テリー・ギリアム

草原
人形顔 人形  
                         人形 3

  誰でも心の中に、いくつかの顔を持っている。
  そのどれかが、つぶやき、次の瞬間、別の顔が「そうじゃないでしょ!」と異を唱える。めったに顔を出さない顔もある。

ローズと野原  10歳の少女ローズの心には5人のローズがいて、うち4人を4体のバービー人形に割り当てている。心の葛藤を内在化しないで済む、うまい心の発散方法だ。バービー人形に体はいらない、ローズは人形の顔だけでいいらしい。
  いつもいい子に振る舞うが、彼女の家庭事情は滑稽で過酷だ。いつも4つの顔と一緒にいないと、ローズは心のバランスが崩れローズでいれなくなる。一見、少女のひとり遊びのようにみえるが、それ以上に深いんだ。

父  父さんは元ミュージシャン、ハードロックのリードギター&ボーカルだった。母さんは昔は美人だったかもしれない。父さんも母さんもドラッグづけの毎日。注射の準備をして上げるローズ。父さんは、ローズに『不思議の国のアリス』を読んでもらって毎晩眠りにつく。母さんはいつもベッドの上でチョコとドラッグの毎日だ。とうとう、母さんは薬で死んじゃった。
  父さんはローズを連れて、自分が育ったテキサスの田舎に帰ることにした。着いてみると、野中の一軒家は廃屋になっていたが、ここに住むことになる。だが、今度は椅子に座ったまま父さんが死んじゃった。父さんはいつもドラッグで天国に行って楽しんでいるので、ローズは本当に逝ったことに気付かない。腐臭がしだす。彼女はお腹がすく。

  野に出た。広々とした草原はローズを落ち着かせ、同時に好奇心をくすぐり、開放感を与え、不安におとしいれる・・・。だからか、例の4つの顔がそれぞれ言いたい放題。それをいさめるローズ。

デルと父  近くに住む、怪しげな女デルと、その弟ディケンズに出会う。デルは昔、父さんを愛していた。その死を悲しみ、デルは父さんを剥製にした。デルの家でご飯に呼ばれた時、デル、ディケンズ、ローズ、そして剥製父さんが席に着く。そんなことで剥製父さんはデルの住人となった。

ディ  ディケンズとは遊び友達になった。彼が密かに作った潜水艦も見せてくれたし、草原は実は海で、草原を泳ぐ方法も習った。デルには極秘にしてくれと、念を押されてディケンズが持つダイナマイトも見せてくれた。ダイナマイトは、線路を伝って時折やってくる巨大なドラゴンをやっつけるために用意している。ローズはディケンズが好きになる。



列車脱線  そんなある夜、大地に響く大轟音! 丘の向こうの夜空が赤々と大きく揺らめいている。ローズが野原を大急ぎで横切って丘に立つと、そこに見えた光景はなんと! 列車が脱線、転覆し火災を起こしていた。列車のそばで呆然としているローズ。それを見ていた乗客の女性は、彼女を救おうとする。ローズはクレージーな、この世界を後にするつもりなのだろうか・・・。


 


ローズ 3

監督・脚本:テリー・ギリアム|イギリス、カナダ|2005年|117分|原題: Tideland
原作:ミッチ・カリン|撮影監督:ニコラ・ペコリーニ
出演:ジェライザ・ローズ&人形の声(ジョデル・フェルランド)|ローズの父親(ジェフ・ブリッジス)|ローズの母親(ジェニファー・ティリー)|デル(ジャネット・マクティア)|ディケンズ(ブレンダン・フレッチャー)|デルの母親(サリー・クルックス)

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/537-724f70ec
Listed below are links to weblogs that reference
「ローズ・イン・タイドランド」  監督:テリー・ギリアム from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 「ローズ・イン・タイドランド」  監督:テリー・ギリアム

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top