Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「くちづけ」    監督:増村保造  主演:野添ひとみ

映画「くちづけ」    監督:増村保造  主演:野添ひとみ

バイク

  テンポが古くない。
  前傾姿勢で突っ走る台本、細かい事にこだわらない姿勢。普通はあって当然のシーンを、ためらわずにザックリ切っている。ワイルドで素敵! そしてコミカルさが要所要所に入る。

ふたり  何より、野添ひとみがいい。
  体当たりで演技して映画を牽引しているが、さわやかさが前に立つのが魅力。
  このさわやかさと、川口浩のつたない演技が妙に合う。
  そして野添の、青春の女/大人の女をそれぞれに引き出すシーンがあなたを待っている。

  突拍子もないことを言うが、この映画、同じ年に製作されたイタリア映画、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「さすらい」と、話の運びに通底するものを感じる。   



バス 小菅拘置所
  偶然、それぞれの父親が拘置されていた。面会に来たのが知り合うきっかけ。
  白川(野添ひとみ)の父は役所の職員で職場の金10万円を横領した。妻が結核で長期入院、その医療費が工面できなかった。母はこの事を知らない。自宅も無くなり白川は安アパートに一人住まい。稼ぎは絵のモデル。月6000円の月給。父の釈放、病院への支払いにまるで届かない。
  宮本(川口浩)の父は選挙運動違反で3回目。選挙に人生を投じた父を嫌い離婚した母はジュエリー斡旋販売で小金持ち、麻布あたり?の高級マンションのマダムになっている。宮本本人は東亜大学商学部の学生。アルバイトでミヤコベーカリーの配達ドライバー。三輪トラックだ。月給8500円。
  拘置所がある東京都葛飾区小菅、当時は土ぼこりが舞う殺風景な田舎だった事が映画でわかる。

 後楽園競輪場
  拘置所からバスに乗って宮本と白川が下りた場所がここ。
  試した車券が大当たり、十分なデートの資金ができる。
  東京メトロ丸ノ内線の後楽園駅駅前、つまり東京ドームや遊園地の一角にあった。

渚キ 江の島
  都内からバイクで江の島へ走るふたり。
  野添の水着スタイルが抜群、確か自分の3サイズを言うセリフがあった。
  都内の広い道路に車が見えない。国道一号線は田舎道。

 白川の住所 : 目黒区上目黒2-96紅梅荘内 
  分かりにくい細い道の先にあるらしい。

 宮本の住所 : 大田区雪ヶ谷町75
  一軒家。玄関をガラガラっと開けると、家政婦さんがお帰りと言って出迎える。

 増村保造の監督デビュー作らしい。また川口家の映画らしいが私には関心ない。
 とにかく、「くちづけ」や「バイク」というキーワードに力と輝きがあった時代を切り取っている映画です。


ポスター監督:増村保造|1957年|東宝|
原作:川口松太郎|脚色:舟橋和郎|撮影:小原譲治|
出演:野添ひとみ (白川章子)|川口浩 (宮本欽一)
小沢栄太郎 (父・宮本大吉)|三益愛子 (母・宇野良子)|
村瀬幸子 (母・白川清子)|河原侃二 (章子の父)
若松健 (白川に言い寄る画家の息子・大沢和彦)|吉井莞象 (白川がモデルになっている著名画家・大沢繁太郎)|入江洋佑 (バイク屋の若旦那・島村)|見明凡太朗 (横河弁護士)|南方伸夫 (別所弁護士)|村田扶実子 (売店のおばさん)|小杉光史 (代書人)|ジョー・オハラ (モデルクラブ店主)|若松和子 (房子)|橋本敏子 (愛子)|須藤恒子 (ばあや)|高村英一 (夫)|清水谷薫 (妻)|西川紀久子 (パートナーの女)|米沢富士雄 (看守)|黒須光彦 (学生A)|伊藤直保 (学生B)|島田重雄 (学生C)|鍵山寿子 (女給A)|松平直子 (女給B)|山口健 (父親)|竹里光子 (看護婦)

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/549-94172681
Listed below are links to weblogs that reference
映画「くちづけ」    監督:増村保造  主演:野添ひとみ from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「くちづけ」    監督:増村保造  主演:野添ひとみ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top