Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「百年の夢」   監督:ドゥシャン・ハナック

映画「百年の夢」   監督:ドゥシャン・ハナック

トップ男

  欲と雑音に気をとられ 忘れている、生きるって何?
  
  原点に帰ると、生きるのバリエーションを教えてくれる。
  それは薄々感じていた事に意外に近い。

  貧しい大地に住む、年老いた人達の生活を綴ったドキュメンタリー映画。
  村の一員として生活する老人もいるが、多くは村から遠く外れて納屋のような、あばら家で孤立独居する。僅かばかりの畑を耕し鶏を飼う。電気も水道もガスもない。馬車に住む羊飼いもいる。1970年代、スロヴァキア共和国のファトラ山地の荒野に、こういった人々が点在していたらしい。
馬車  一様に身寄りがない人々だ。戦争や病気で家族を失った人。結核になったため辺鄙なこの地に隔離された人。たぶん、村八分にされた人。流れてきた人。 何かしらの理由で社会からこぼれた人々だ。生活保護は受けているのだろうか? あるいは棄民か。街に出て卵を売る人もいるが、街を歩く人々の視線は浮浪者と映る。 
  悲しみに打ちひしがれて毎日を送る人もいるが、大方はさしたる感情もなく時が過ぎるのを淡々と見送っている。時間に自由がある。めいめい、時を相手に鶏を相手に好きなことをしていると言える。
  ひとつの事に熱中する人もいる。ロケットや宇宙に魅かれる人。水車の動力と歯車の仕掛けを使って、木製の人形を多数、コミカルに自動で動かす人。中には成り上がっていく人がいる。老人という歳じゃないが、昔の事故で下半身不随だ。車椅子はない。しかし四つん這いで労働して家畜を飼い畑を耕し、自力で家を新築した。
  映画は、老人たちに愚かなインタビューをする。「人生で一番大切な事ってなんですか?」 このシーンは鼻白む。映画スタッフが若かったのかな?

夫人  人間、どんなことがあっても、命果てるまで生きる。

  1972年製作だったが、当局により16年間、国外持ち出しが禁止された作品らしい。

原題:Obrazy Stareho Steva|
監督・脚本:ドゥシャン・ハナック|チェコスロバキア|1972年|71分|
撮影:アロイズ・ハヌセック|


耕す ろば


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/557-3c1902a4
Listed below are links to weblogs that reference
映画「百年の夢」   監督:ドゥシャン・ハナック from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「百年の夢」   監督:ドゥシャン・ハナック

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top