Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「修羅雪姫」・「修羅雪姫 怨み恋歌」  監督:藤田敏八 主演:梶芽衣子

映画「修羅雪姫」・「修羅雪姫 怨み恋歌」  監督:藤田敏八 主演:梶芽衣子

「修羅雪姫」
1 傘 雪  明治7年、神奈川県八王子、雪降る東京監獄八王子分監から話は始まる。
  この映画は、残念だが次作「修羅雪姫 怨み恋歌」の前置き編という程度の完成度だ。つまりは、雪(梶芽衣子)の存在で辛うじて作品になっている。 男優の勢いが弱い。黒沢年雄、仲谷昇たちがふにゃふにゃだ。唯一、映画冒頭の小松方正が様になっている。人力車に乗った小松が雪に狙われるシーン。小松が子分たちに向かって言う。「そいつを雇ったやつの名を吐かせろ!」 このセリフひとつで、このシーンが成立した。
  敵に囲まれた梶芽衣子が雪降る中、空中高く舞い上がり、一回転して身をひるがえす。蛇の目傘の仕込み刃が闇を切る。
  そうだ、この映画、冒頭シーンだけ冴えている。  

監督:藤田敏八|1973年|97 分|東宝|
原作:小池一夫(作)、上村一夫(画)|脚本:長田紀生|撮影:田村正毅|
出演:梶芽衣子 (鹿島雪)|赤座美代子 (鹿島小夜)|大門正明 (鹿島剛)|内田慎一 (鹿島司郎)
楠田薫 (三日月お寅)|根岸明美 (タジレのお菊)|西村晃 (道海和尚)|高木均 (松右衛門)|岡田英次 (塚本儀四郎)|中原早苗 (北浜おこの)|仲谷昇 (竹村伴蔵)|地井武男 (正景徳市)|黒沢年雄 (足尾竜嶺)|中田喜子 (竹村小笛)|小松方正 (柴山源三)|長谷川弘 (勝目大八)|松崎真 (代貸)|阿藤快 (子分)|大倉賢二 (子分)


「修羅雪姫 怨み恋歌」
浜辺 立ち回り  時が経ち明治39年からのストーリー。前作より線が太い。作り手の視界が広がった。時代劇臭が消えた。脇役が充実している。とりわけ伊丹十三の存在が圧倒的だ。原田芳雄、吉行和子が霞む。
  敵の配役もいい。この映画、実は胡散臭い二流映画かも・・・という、もしかしての思いが、敵陣を見て徹底的となる、この嬉しさがたまらない。監督の、一作目の迷いが消えたんだろう。ただ、立ち回りだけは、前作の方に軍配があがる。そして、梶芽衣子は剣先でなく眼力で悪を切る。

悪3人

浜辺監督:藤田敏八|1974年|89 分|東宝||
原作:小池一夫、上村一夫|脚本:長田紀生、大原清秀 |撮影:鈴木達夫 |
出演:梶芽衣子 (鹿島雪)|伊丹十三 (徳永乱水)|吉行和子 (徳永あや)|原田芳雄 (徳永周介)
岸田森 (菊井精四郎)|安部徹 (寺内謙道)|山本麟一 (丸山警部)|南原宏治 (蜍)|広瀬昌助 (柴由悠太郎)|溝口舜亮 (関口英三)|浜田晃 (岡田太吉)|石矢博 (吉沢)
わな   伊丹
鮫   鮫 原田

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから
邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/563-3e188628
Listed below are links to weblogs that reference
映画「修羅雪姫」・「修羅雪姫 怨み恋歌」  監督:藤田敏八 主演:梶芽衣子 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「修羅雪姫」・「修羅雪姫 怨み恋歌」  監督:藤田敏八 主演:梶芽衣子

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top