Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ガス人間第一号 」  監督:本多猪四郎  出演:八千草薫

映画「ガス人間第一号 」  監督:本多猪四郎  出演:八千草薫

トップ実験222
トップ情鬼222  
  名誉あるはずの、ガス人間・第一号の、一途な愛は、
  あまりにも美しい八千草薫に届いたのであろうか・・・。

  日本舞踊の家元・春日家をひとりで背負う藤千代(八千草薫)は、家元崩壊の瀬戸際にあった。弟子は四散し資金難にあえぎながらも、家元再生に向けて、新作「情鬼」の公演準備に入っていた。

舞い稽古  超人的な能力を持ってしまった男が、愛のためとはいえ、独善でその能力を使えば犯罪になる。大胆にも自ら名乗り出て、しかも当局の目前で銀行強盗を敢行するガス人間第一号。
  警察は、彼のなすがままを見守るほかに手の打ちようがないのか・・・。
  日は瞬く間に過ぎ、家元の公演当日になってしまった。


刑事たち   定刻に予定どおり公演が始まったが、まったく予想外なことが会場で起きて、事件は驚くべき急展開をするのであった。
群衆 






gas  ラスト英題:The Human Vapor|
監督:本多猪四郎|1960年|91分|東宝|
特撮監督・特技監督:円谷英二|脚本:木村武|撮影:小泉一|

出演:三橋達也 (岡本賢治警部補)|佐多契子 (甲野京子婦人記者)|土屋嘉男 (ガス人間)|八千草薫 (藤千代)|田島義文 (田端警部)|三島耕 (藤田刑事)|小杉義男 (稲尾刑事)|坪野鎌之 (大崎刑事)|権藤幸彦 (堀田刑事)|佐々木孝丸 (警視庁幹部1)|山田圭介 (警視庁幹部2)|草間璋夫 (警視庁幹部3)|緒方燐作 (中谷巡査)|堤康久 (相見巡査)|松本光男 (鎌田)|左卜全 (猫背の老人鼓師)|野村浩三 (川崎)|松村達雄 (池田)|中村哲 (戸部)|山田巳之助 (葉山)|熊谷二良 (梶本)|伊藤久哉 (田宮博士)|村上冬樹 (佐野博士)|山本廉 (西山)|榊田敬二 (留置の看守1)|広瀬正一 (留置の看守2)|岡豊 (観客の男1)|佐藤功一 (観客の男2)|黒田忠彦 (観客の男3)|松本染升 (紋太夫)|塩沢とき (里代)|宮田洋容 (銀行の支配人)|

<ガス人間の作り方>
1注射  2実験ドーム
極秘な薬剤を注射をして、専用の実験ドームに入る。

3実験ベッド  4十日間
ドーム内のベッドに入り、10日間、特殊ビームが照射された。


突っ込み所はいくらもあるが、ここは純愛路線で観よう。
ひとの言いなりにガス人間になってしまう男の幼稚性、芸事しか知らぬ姫君。
すべては、このジイにお任せあれ・・・左卜全(家元の先代からの老人鼓師)
おとぎとして楽しもう。ちょうど「初春狸御殿」のように。 
ポスター1  ポスター2


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/579-0a1505f4
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ガス人間第一号 」  監督:本多猪四郎  出演:八千草薫 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ガス人間第一号 」  監督:本多猪四郎  出演:八千草薫

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top