Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「恋する惑星 」   監督 :ウォン・カーウァイ

映画「恋する惑星 」   監督 :ウォン・カーウァイ

トップ 室内4

部屋2  いい映画だ。
  トニー・レオン(警官633号)も、金城武(刑事223号)も、突然の失恋で話が始まる。
  そしてこのふたりの男と、新たに現れるふたりの女が出会う。
  雑多な個性が、せめぎ合う香港。人も街も、旺盛に前へ前へ突き進む香港。常にせわしなく時にいかがわしいい香港。こんな街を背景に、男と女が出会い、すれ違っていく。

<この映画、男の心の内面や、孤独の表現がうまい。>
  
  トニー・レオンが住むアパートの一室は、彼の心の内を表してる。
部屋3  一人住まいにしては綺麗、意外にマメそうな男だ。  
  そんなトニーの留守を見計らって、この部屋に侵入するフェイ・ウォン(フェイ 右写真→)は、彼の心の中を覗きに来る。 
  観客は、彼女の目線でトニーの部屋を見る。男の内面が、一層見えてくる。トニーに親しい女性がいたな・・・。 そして彼女は、この部屋に残存する元彼女の色を、フェイ色に塗り替えようとする。
  密かな存在証明。
  しばらくしてトニーはフェイの愛に気が付くが、フェイはフェイなりの恋の方法で歩んで行く。


パイン缶 
  金城武(刑事223号・モウ)は、メイに、エイプリルフールの日にふられた。
  彼女はパインが好きだった。金城は賞味期限日付が5/1のパイン缶を見つけては一缶買って、30缶になっても彼女が戻らないなら、この恋は期限切れだ・・・と、自分に言い聞かせる。
  5/1未明、彼は自分のアパートでパイン缶30缶をひとりで平らげた。

  
<この映画、前半と後半の二部構成になっている。>

銃  前半は、ふたつの話がコラージュされている。
  ひとつは孤独な刑事・金城の話。
  もうひとつは、こんな話。麻薬ディーラーのブリジット・リン(金髪の女)は、インド人達を使って麻薬を体内や靴底やスーツの裏に隠して、香港国際空港から出国させようと各所に手配してたが、空港ロビーでインド人達に麻薬もろとも逃げられる。激怒する彼女は拳銃である白人を射殺する。
バー  カメラは手持ちで、香港の重慶マンションという多国籍不法的回廊を猛スピードで駆け巡る。その躍動感はすばらしい。
  その後、疲れ果てたブリジット・リンは、あるバーに立ち寄る。その店に傷心の金城がいた。彼はカウンターで彼女を口説いたが無視される。しかし無視はされたが、結局2人はホテルで一晩泊まった。彼女はベッドで着の身着のまま爆睡。彼はソファーで寝る。だが、その間、ほんの数時間だけ・・・何か心の通じ合いは、ふたりの間にあったようだ。
   

店でふたり  後半の話。
  偶然だが、トニーも金城も、同じ頃に同じ店、フェイのいるホットドッグ店に通っていた。
  トニーの留守に部屋に侵入を繰り返すフェイ。彼の部屋に通ううちに、ふたりに愛が芽生えるが、時間の流れのなかで、寄せたり引いたり波のよう・・・。さて、こちらのふたりはどんな展開になるやら・・・。

  後半の映像は、エスカレーターの側面ガラスや金属の鏡面を利用した人物の映り込みが綺麗です。
  また雨の情景を意識して撮影しているように感じる。
  そうそう、フェイの店先に、トニーの元彼女が、その仕事であるフライトアテンダントの制服であらわれるシーンがある。もちろん制服の彼女は、フェイのことを知る由もないが、フェイがその元彼女を「意識する」シーンが印象に残る。
目線

  脚本がいい。
  こういう映画はエバーグリーンになりえます。
  ただ、音楽が古くなっちゃった。

流し 原題:Chungking Express|重慶森林|
 監督・脚本:ウォン・カーウァイ|香港|1994年|100分|
 撮影:アンドリュー・ラウ(第一部担当)、クリストファー・ドイル(第二部担当)|
 出演:トニー・レオン (警官633号)|フェイ・ウォン (フェイ)|ブリジット・リン (金髪の女)|金城武 (刑事223号・モウ)|チャウ・カーリン (フライトアテンダント)


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/580-dab2398a
Listed below are links to weblogs that reference
映画「恋する惑星 」   監督 :ウォン・カーウァイ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「恋する惑星 」   監督 :ウォン・カーウァイ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top