Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「スチャラカ社員」  監督:前田陽一

映画「スチャラカ社員」  監督:前田陽一

上長門勇・新藤恵美・ルーキー新一・中田ダイマル・ラケット





        
                               
              社長のミヤコ蝶々
                             上2

  大阪のドタバタ喜劇。ナニワの喜劇人が多数登場します。そして結構、前衛的? でもあります。

  大阪のど真ん中にあるオフィスビルの屋上にある都田物産。外見はプレハブ倉庫のような社屋。社長はミヤコ蝶々。部長は長門勇。社員は中田ダイマル・ラケットにルーキー新一そして紅一点・事務の新藤恵美(可愛い)の4名。
  社長の表情が苦しげなのは、経営が行き詰って会社を閉じようとしている。だが社員たちは大反対、今まで以上に頑張りますッ! と解散を押しのけた。 社員の熱意に突き動かされて、社長は資金調達のため、ツテを頼って全国行脚に出かけた。アイヌの酋長から借りた資金が、石のお金(石貨・上の写真)だった、これはイケナイ。

  会社が扱う新たな商材はマッサージチェア。道頓堀で新世界でと、あちこちで宣伝活動。だが売れない。そこで部長の発案で、マッサージチェアをリースとして貸しだそうと決めた。散髪屋、按摩屋など回るが営業効果は芳しくない。  そんな折、都田物産があるビルの1階に、テキサス・リースという外資の日本支社&ショールームが入居してきた。最新の電気製品からジェット機までと話が大きい。

すちゃらか屋上  テキサス・リースの若手社員・藤岡弘が足しげく都田物産に顔を出す。お目当ては、新藤恵美。
  後にふたりは京都で祇園祭の雑踏にいたり、映画後半では、ふたりして都田物産のためにひと仕事する。この時からヒーローな藤岡弘。

都  ある法人からイベント企画の話があった。都田物産とテキサス・リースの営業合戦が始まる。都田物産部長の長門勇は、口から出まかせ、「都はるみ歌謡ショウ」を打ち上げ都田物産が案件を勝ち取った。が、さて芸能界に宛は無く、都はるみに似た女性を捜して口パク・カラオケでなんとかしようと、なった。そしてある女性を見つけ、ショーにこぎつける。本番が始まる。カラオケが動かない。ああ、あれ本物! 都田物産社員は驚く。
  
  とまあ、ことほど左様に、次々に挿入されるエピソードは、ハチャメチャ、正直前後の脈略はまったく無い。

喜美  TVのニュースが、「西日本が独立した。大阪が首都。」 と報じた。 興奮した中田ダイマル・ラケットのふたりは屋上からエールを送る。ちょうど、その日の夜に、黒眼鏡の2人組の男(夢路いとし、喜味こいし)が、都田物産に来て言う。「本物のような日本刀と拳銃を多数貸してくれ、覆面を多数作ってくれ。そして大阪城に持って来い。」 中田ダイマル・ラケットは何か独立革命組織だと思い恐れる。納品後、密かに大阪城に出向いてみると、あの二人組は映画監督で、ロケ中であった。

組マツダ  いろいろあって都田物産社員ルーキー新一が、やくざのトラックの荷台に乗って連れ去られる。
  藤岡弘は、新藤恵美をスポーツカーに乗せトラックを追跡する。
  長門勇も、中田ダイマル・ラケットを連れ、マツダR360クーペで追跡するが、ポンコツで炎上してしまう。中田ダイマルは、走行中に向こう側の窓から、体を乗り出している。

  たどり着いたところは、道路沿いにあるレストラン。ヤクザがスパゲティを食っている。なぜかこの店で、浪曲漫才トリオの宮川左近ショウが歌謡浪曲をやっている。ここへルーキー新一がちん入し、店内が乱闘となる。モノが飛びかう。このトリオ、スパゲティだらけになりながらも、最後まで浪曲を歌い終えるのが凄い!


スパゲティ  そこへやっと藤岡弘が到着し、ヤクザをやっつけてしまう。乱闘中にルーキー新一は店の冷蔵庫に隠れたが、乱闘が終わり、ドアを開けるとルーキー新一が白く凍っている。(これが実に怖い)
  で、なんだか知らぬうちに、都田物産とテキサス・リースは和解する。??


  映画ラストは、都田物産全員が、楽しげに琵琶湖で遊んでいる。なんと明るい映画なことか。
  おっとりした展開ながらも、話がスピーディに切り替わり、決してダレません。

下200監督:前田陽一|1966年|松竹|82分|
原作:香川登志緒|脚色:若井基成、前田陽一、沢田隆治|撮影:竹村博|
出演:都田物産・・・ミヤコ蝶々 (社長)|長門勇 (部長)|中田ダイマル (社員)|中田ラケット (社員)|ルーキー新一 (社員)|新藤恵美 (社員)|
テキサス・リース日本支社・・・ビンボ・ダナオ (支社長)|藤岡弘 (社員)|西岡慶子 (社員)
南道郎|南都雄二|上方柳次、上方柳太|若井はんじ、若井けんじ|東山明美|高原良子|横山アウト|夢路いとし、喜味こいし|正司歌江、正司照枝、正司花江|都はるみ|







忙しげな大阪駅前。                         都田物産があるビル屋上。牧歌的な社員たち。
連00
宣伝する都田物産社員たち。 道頓堀の中田ダイマル・中田ラケット。  新世界のルーキー新一。



TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/603-226f2d6f
Listed below are links to weblogs that reference
映画「スチャラカ社員」  監督:前田陽一 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「スチャラカ社員」  監督:前田陽一

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top