Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「光の旅人 K-PAX 」  監督:イアン・ソフトリー

映画「光の旅人 K-PAX 」  監督:イアン・ソフトリー

トップ2



  果たして、プロートは異星人なのか。
  いや、「プロートという男」の身体に同化した宇宙生物なのか。
  いやいや、プロートは少々狂った、ただの人間じゃないか。
  それでも、プロートは・・・異星人なのかもしれない。


  雑踏に立つプロートの周りには、確かに周囲と異質な空気が漂っていた。
  彼の前でひったくり事件が起こり、犯人が逃げたあとの犯行現場に、プロートがぼんやり立っていた。居合わせた警察は彼を連行し、挙句の果てに精神病院に移送された。
  どう見てもプロートは、アメリカ下層の人。医療保険の対象者ではない。なおざりな薬物治療が始まる。しかし、その医師は、他の患者とは違うものをプロートに感じ始める。医師の名はマーク。彼の友人に天文学者がいて、プロートを引き合わせた。
トップ  地球から1000光年離れた惑星K-パックス。友人の天文学者チームの新発見だ。学術論文の執筆もまだである。実はプロートは、このK-パックスから来た異星人だ、と警察でも病院でも言い続けていた。惑星K-パックスの位置やその軌道について、宇宙科学的知識をもとにプロートが発言するその内容は、天文学者たちの発見内容とすべて一致するのであった。

  そののちプロートの精神病棟生活が続く。
  つまり、「プロートという男」に対するマーク医師の追及が続いた。
  その結果、「プロートという男」は実在する人間であった。そして実に悲しいい事実、ある事件がプロートにあった事が判明する。マーク医師は我が事のように心を痛めるのであった。

  だが、だがだ。それでも「プロートという男」は不可思議であり続けた。
  同じ病棟にいる患者たちは、互いにコミュニケーションがほぼ無い状態だったが、プロートの入院以来、徐々にプロートに信頼が集まり、彼を核に互いのコミュニケーションが始まった。そんなある日、プロートは病棟のみんなに言った 「そろそろ私は、K-パックスに帰る。一人だけは連れて行ける」
  大方の患者は望んだ、「この病院を出てK-パックスという惑星へ行きたい・・・」

  ついに、その日、その時刻を迎える。
  そして、みなが思い描いた事が起こり、一方想定外の事が起こるのであった。
  乞うご期待。

  お薦めです。
  観終わったあとに、何とも言えぬ、ジーンとしたものが、あなたの心に押し寄せます。
  地味なSF映画か、などと、あなどってはいけません。

病棟原題:K-PAX|
監督:イアン・ソフトリー|アメリカ|2001年|120分|
原作:ジーン・ブルーワー|脚本:チャールズ・リーヴィット|
撮影:ジョン・マシーソン|
出演:ケヴィン・スペイシー (プロート)|
ジェフ・ブリッジス (マーク・パウエル博士)|
メアリー・マコーマック (レイチェル・パウエル)|アルフレ・ウッダード (クラウディア・ヴィラー)|デイヴィッド・パトリック・ケリー (ハウイー)|ソウル・ウィリアムス (アーニー)|Peter Gerety (サル)|シリア・ウェストン (ミセス・アーチャー)|アジャイ・ナイデゥ (チャクラボーティ博士)|トレイシー・ヴィラー (マリア)|メラニー・マーレイ (ベス)|ブライアン・ホウ (スティーヴ)|

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

やまなか URL 2012-08-19 Sun 22:06:50

kさんに水分補給を十分に、と言っておいてください。山中

kayo URL 2012-08-19 Sun 20:59:41

これ観たいんですよ。ずっと前からそう思ってました。でも、まだ観れてません。やまなかさんのコメント、参考になります。昨日、Kさんが最寄り駅に映画を観に来たので一杯飲みました。お元気そうでしたよ。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/604-d7308670
Listed below are links to weblogs that reference
映画「光の旅人 K-PAX 」  監督:イアン・ソフトリー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「光の旅人 K-PAX 」  監督:イアン・ソフトリー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top