Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「動くな、死ね、甦れ! 」  監督:ヴィターリー・カネフスキー

映画「動くな、死ね、甦れ! 」  監督:ヴィターリー・カネフスキー

トップ

雑踏でふたり  第二次世界大戦が終わってすぐの頃、ソビエト連邦、シベリアの話。

  ワレルカという、やんちゃな男の子は、学校の枠にはまらない。大きな悪戯をする一方、やはり子供、根は素直。母と二人暮らしだ。ガリーヤは同い年だが、女の子だ、ワレルカより大人びていて現実的。小さな青空市が開かれる日に、熱いお茶のポットを抱え、コップ一杯いくらで売って小銭を貯めている。この様子を見てワレルカも真似をし始める。ガリーヤはワレルカが好き。でもワレルカは12歳、恥ずかしくて避けている男の子。

帰り  ある日、ワレルカは町を離れる。鉄道線路のポイントを切りかえる悪戯で汽車を転覆させてしまったのだ。ガリーヤの機転で官憲を欺き、彼は貨物列車に飛び乗りひとり、港街ウラジオストックに出た。
  この街で大変な目にあったのち、窃盗の兄ちゃんたちに交じる。宝石店あらしもした。しかし分かってきたことは、悪さの質が違った。ワレルカはこの一味から抜けたかった。おりしもガリーヤが突然現れて、ワレルカを助け出す。再び貨物列車に乗って、ふたりしてスーチャンに帰って来たが・・・。(左写真)




収容所  彼らが住んでいる町は炭鉱の町。そして強制収容所だ。
  当時はスーチャン(蘇城)と呼ばれた。シベリアの東端、海に近い。
  この映画の監督ヴィターリー・カネフスキーはここで育ったらしい。彼の幼年時代を再現した映画だ。

  反革命派とされた政治犯は、ソ連各地、特にシベリアに多数あった強制収容所に送られ重労働の刑を受けていた。鉱山や鉄道建設など、その労働はソ連の経済発展に寄与した。つまり無償の労働力なのだ。そして多くの囚人が刑期を終えることなく死亡した。
汽車  また流刑にあっては、その犯罪者の一家全員が強制収容されるため、収容所では出産数が増え、幼児、子供の収容者が多かった。この映画でもたくさんの子供達が登場する。
  映画には気のふれた学者が出てくる。反革命罪の罪人だろう。監督の父親は音楽家だったそうだ。
  犯罪者の家族のうち、女性が収容所を出られるのは妊婦になる事らしい。こんなシーンがある。15歳になったばかりの少女が、ある少年に一生のお願い!といってセックスを求めるが少年は逃げる。彼女は、何が何でもスーチャンを脱出したいのだ。
日本兵  なにしろ、この映画のこの町のシーンは、スーチャン強制収容所内の話であり、登場人物は官憲と罪人およびその家族なのだ。さらに、シベリア抑留、スーチャン収容所で強制労働させられる日本兵捕虜が加わる。(右写真)

荼毘2222  ワレルカは日本兵たちと親しい様子。ある日、日本兵の誰かが死んだ。資源にならない石炭の山(ボタ山)で、日本兵が10人ばかり集まり、頭を下げて火葬が行われている。その儀式をワレルカは、ずーっと眺めていた。
  この映画、こういった日本兵が出てくるシーンでは日本語の歌が流れる。「炭坑節」「南国土佐を後にして」「五木の子守唄」、監督が子供の頃スーチャンで覚えた歌らしい。

  現在、スーチャンは、パルチザンスクと改名されている。


行進日本兵2英題:DON'T MOVE, DIE AND RISE AGAIN!|
監督・脚本:ヴィターリー・カネフスキー|ロシア|1993年|105分||
撮影:ニコライ・ラゾートキン|
出演 パーヴェル・ナザーロフ (ワレルカ)
ディナーラ・ドルカーロワ (ガリーヤ)
エレーナ・ポポワ (ニーナ(ワレルカの母))



洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 3

kayo URL 2012-08-14 Tue 15:37:00

そうくるか(笑)。確かに寒そうだ。

やまなか URL 2012-08-14 Tue 08:27:29

すごく寒そうだ。わたしゃ絶対住めない。
火葬のシーンが忘れられない。

kayo URL 2012-08-13 Mon 20:51:14

これ、ACで観ました。Kさんもおすすめの一本です。少年と少女の甘酸っぱい関係がヒシヒシと伝わりました。非常に私的ながらも好感が持てますよね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/605-0e124a13
Listed below are links to weblogs that reference
映画「動くな、死ね、甦れ! 」  監督:ヴィターリー・カネフスキー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「動くな、死ね、甦れ! 」  監督:ヴィターリー・カネフスキー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top