Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「シチリア!シチリア!」   監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

映画「シチリア!シチリア!」   監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

トップ

  残念な映画だ。
  矢継ぎ早に映像が、せわしく展開する。
  151分の映画全編を早送り再生で観ている感じ。
  ストーリーよりも、映像が前に出てきて、語ろうとする。その語り口が味気ない。

家族  1930年ごろの、イタリアのシチリアにあるバーリアが話の舞台。
  主人公ペッピーノは小さい頃から働いて稼ぎを得る元気な少年だった。大戦を経て青年となったペッピーノは美しいマンニーナと結婚する。ペッピーノは徐々に政治の世界で生きるようになって行く・・・。 この島の観光は楽しめる。

  シチリアの歴史の、大きな流れを描こうとしているが、雄大さや深みが感じ取れないなあ。


サブ原題:BAARIA|
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ|イタリア|2009年|151分|
撮影:エンリコ・ルチディ|
出演: フランチェスコ・シャンナ (ペッピーノ)|マルガレット・マデ (マンニーナ)|リナ・サストリ (タナ)|アンヘラ・モリーナ (サリナ)|サルヴォ・フィカッラ (ニーノ)|ヴァレンティノ・ピコーネ (ルイジ)|ルイジ・ロ・カーショ (物乞いの息子)|ニコール・グリマウド (サリナ(少女時代)|ミケーレ・プラチド (共産党代表)|ラウル・ボヴァ (ローマの新聞記者)|ガエタノ・アロニカ (チッコ)|モニカ・ベルッチ (レンガ職人の恋人)|




  移り変わリ行く時代の大いなる流れを、封じ込めた映画は、いくつもあった。
  一夜一話で取り上げた映画で、思い当たるものを5本あげてみる。どれもお薦め映画です。

 「エルミタージュ幻想」
  90分ワンカットの映像で、元宮城・エルミタージュ美術館全館を使って、ロシア近世近代300年の各時代の宮廷史を、猛スピードで再現する劇映画。豪華絢爛。
  監督:アレクサンドル・ソクーロフ|2002年|ロシア/ドイツ/日本|96分|
  
 「旅芸人の記録」  
  この監督の代表作。寡黙ながら雄弁な映画。映像で語るスタイル。
  第2次世界大戦が勃発した1939年から1952年までの14年間のギリシャを、生き残るために右往左往する旅芸人たちの目線で描かれている。14年間とはいえ、他国からの侵略・占領と、政治的内戦が幾重にも重なって時が、大きく揺れ動きながら過ぎる。一座にとっても波乱と忍耐の時代であった。
  監督:テオ・アンゲロプロス|ギリシャ|1975年|240分|

 「フルスタリョフ、車を!」 
  観る側が無防備だと、ぶん殴られる乱暴な映画。スターリンが息を引き取る前の、1年間ほどの間の話だが、映画一本に描き込める上限をはるかに越えた情報が詰め込まれている。特にお薦め映画です。
  監督:アレクセイ・ゲルマン|ロシア、フランス|1998年|142分|

 「アンダーグラウンド」 
  実に楽しませてくれます。映画の方から、もっと「乗ってくれ」とあおってきます。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ問題に代表される旧ユーゴスラヴィアにおけるさまざまな混乱の戦後50年を、怒涛のように疾走する映像絵巻。時は1941年、セルビアの都市ベオグラードにナチス・ドイツが侵略し始めた。第一章「戦争 (Deo Rat)1941年」、第二章「冷戦 (Deo Hladni Rat)1961年」、第三章「戦争 (Deo Rat)1992年」
  監督:エミール・クストリッツァ|フランス、ドイツ、ハンガリー|1995年|170分|

 「牯嶺街少年殺人事件(クーリンチェ少年殺人事件)」  
  混乱を乗り越えて、新しい時代を築こうとする当時の台湾の人々の苦悩が描かれている映画。なにしろ4時間映画ですから、物語るその量はとても多いです。映画の中では時間がゆったりと、とうとうと流れています。この流れに身をゆだねてみましょう。
  監督:エドワード・ヤン|1991年|台湾|237分!(完全版) 

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/607-fb93230d
Listed below are links to weblogs that reference
映画「シチリア!シチリア!」   監督:ジュゼッペ・トルナトーレ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「シチリア!シチリア!」   監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top