Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「もう頬づえはつかない 」  監督:東陽一 出演:桃井かおり

映画「もう頬づえはつかない 」  監督:東陽一 出演:桃井かおり

TOPページにもどる

トップ

ふたり  1979年、この時代の空気を吸っていないと、まったくもってツマラナイ映画だ。
  ストーリーもへったくれもない。
  見方を変えれば、1979年を映画に封じ込めた作品と言える。
  桃井かおりが好きな人、どうぞ。
  青二才の頃の奥田瑛二が見たい人、どうぞ。

  早稲田大学の学生、まり子(桃井かおり)は、女子寮の自室に橋本(奥田瑛二)を引き込んでいる。しかし、ふたりの間には、取り立てて愛がある、というほどではない。一方、まり子には昔の恋人・恒雄(森本レオ)がいる。時々会っている。恒雄から何の音沙汰もないと気になってくるまり子である。
  で、どういう話の展開になるかって? ストーリーもへったくれもない。

キャンパス  1979年の頃は、1970年代初頭の余波・余熱もさめ、人によっては、ところどころ微熱。そんな事はうっちゃって、目先がきく人は、もう1980年代を走っていた。いま振り返れば、「ああ!1980年代」だが、当時は変化の予感はあるが、次代の姿が見えなかったろう。不安。そして目の前の不安を避けるには、無視無関心。そして無気力。自分の心の、持って行き場所がない時代。
  だが、いまを思えば牧歌的な時代であった。








バスサブ監督:東陽一|1979年|113分|カラー|
原作:見延典子|脚本:小林竜雄、東陽一|撮影:川上皓市|
出演:桃井かおり (まり子)|奥田瑛二 (橋本)|森本レオ (恒雄)|伊丹十三 (大家・高見沢)|加茂さくら (美容師・幸江)|伊佐美津江 (見習い・ユミ子)|日夏たより (明美)|都倉成美 (女子大生・治子)|織本順吉 (まり子の父)



TOPページにもどる


映画ピックアップ ~ 一夜一話より

紹介0060第6弾のテーマは 「自分を探す旅 (邦画編 その1)」

  誰しも、自分を探す。
  恥ずかしながら、自分を見失う事もある。
  自分の中を見てみる。
  見渡せるもんじゃない。
  こちらからどうぞ。


TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  



TOPページにもどる
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

やまなか URL 2012-07-31 Tue 08:37:36

(笑)

kayo URL 2012-07-30 Mon 22:27:54

恥ずかしながら劇場で観ました。桃井かおりに憧れてタバコはじめました。ああいうおねいさんになりたいと、日々努力したつもりが…。この映画、いま観たら「ヘソのまわりが痒い感じ」になると思う。おねーさんになったわたしです(笑)。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/610-aa1aa985
Listed below are links to weblogs that reference
映画「もう頬づえはつかない 」  監督:東陽一 出演:桃井かおり from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「もう頬づえはつかない 」  監督:東陽一 出演:桃井かおり

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top