Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ラテンアメリカ 光と影の詩 」  監督:フェルナンド・E・ソラナス

映画「ラテンアメリカ 光と影の詩 」  監督:フェルナンド・E・ソラナス

冒頭

  あまりお薦めしない映画だ。
  でも時々、目を引く絵がいいので、とりあげます。

  若い人が家を出る、旅に出るわけは、山ほどある。
  南アメリカの先っぽ、つまり南端にあるフエゴ島。島唯一の高校、国立模範高校に通う主人公マルティン君。旅に出るには、ウッテツケのシチュエーションだ。父を捜して、メキシコまで三千里。様々な国と人々と自然にもまれながら自転車で舟で船でトラックでバスで列車で北上する。大忙しな南アメリカ縦断観光情報にみえる。我々にはTVで見慣れ過ぎたシーンもある。ま、ここまでが上映時間の大部分だが、つまらない。安っぽい青春おとぎ話。

大統領  一方、作り手のメッセージは別にある。
  それは当時のアルゼンチン当局への批判および、南米をはじめ、あらゆる既成概念に対する漠とした反発・抵抗。そしてそういった既成の体制や政権が、ほころび崩れ始めているぞ!的なメッセージだ。
  さらに加えて、コミカルな表現と抱き合わせに、前衛っぽいイタズラを映画のあちこちに積極的に挿入している。この遊び精神はいいね。(大洪水の被害のなかの大統領→)
  しかしだ、そもそも上に書いた「一方、作り手のメッセージは別にある。」というのが問題だね。意向がつながらないよ。何だね? この映画は。 



傾斜予報  でも面白い。
  フエゴ島の住民が見る朝の天気予報には、傾斜注意報がある。
  「今日は島の統制解除により島全体が、右に32度、傾くでしょう」 そして島が傾斜しだすとさあ大変。高校の教室も街を歩く島民も。教会の鐘も勝手に鳴る。

額縁  国立模範高校の校舎は、元刑務所の建物を居抜きして使っている。刑務所特有の構造である長い廊下には、アルゼンチンの歴史的人物?の大きな肖像画がたくさん並べて飾られている。それが時々、自然落下し額縁のガラスが大きな反響音とともに飛び散る。
  高校には20人くらいの生徒しかおらず1クラス。教室は雨漏りじゃなく粉雪が降っている。



傾く教室 売却  そして予報どおり、右32度傾き始めた。そんなわけで島を離れる人、島を売ろうとする人が出ている。





  
  はじめに書いたけれども、この映画、ビジュアルな印象的シーンや不条理的記号が、あちこちに出てくる。
  そこが見どころかな。例えば主人公マルティン君の旅はブエノスアイレスに立ち寄る。ここは大洪水の最中だ。また砂浜に打ち上げられた難破船の竜骨とか、絵の構図がいいシーンがある。

道路が冠水でボートで行く。           爆破されるビル             ワルな高校生諸君
道が洪水 崩落 学生









表1
  「父を捜して三千里」青春映画として観ると、こんなシーンがイメージに。







原題:EL VIAJE|
監督・脚本:フェルナンド・E・ソラナス|アルゼンチン、フランス|1992年|140分|
撮影:フェリックス・モンティ|

<アルゼンチンの映画 ~ 一夜一話から>
「ある日、突然。」  監督:ディエゴ・レルマン

  お薦めです。いい映画だ。 繊細なので取扱い注意。

  恋愛経験1度。さしたる明日があるわけでもなし。
  アルゼンチン、ブエノスアイレスのランジェリー・ショップ店員マルシア。そのマルシアがある日突然、レズなカップル、マオ&レーニンにラチされる。でも暴力的ラチではなかった。マオの強引な口車に乗せられて・・・が9割、そしてマルシアの心に突如浮かんだ非日常への好奇心が・・・1割と、レズな気分少々。

「ルイーサ」  監督: ゴンサロ・カルサーダ

  ブエノスアイレスの街や、地下鉄の車内・構内そしてサウンドが何度も映し出されて、ブエノスアイレス行ってみたい派には、嬉しいかもしれない。  コメディ&チョイ観光映画として観ましょうか。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/621-aa741c05
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ラテンアメリカ 光と影の詩 」  監督:フェルナンド・E・ソラナス from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ラテンアメリカ 光と影の詩 」  監督:フェルナンド・E・ソラナス

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top