Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「バグダッド・カフェ 」  監督:パーシー・アドロン

映画「バグダッド・カフェ 」  監督:パーシー・アドロン

トップ

  映画が曲芸化して久しい。
  脚本が弱っちくなって久しい。
  何が映画か、なんて言わない。でも「バグダッド・カフェ」これは名画だ。
  ああだ、こうだ言わない。観て欲しい。久々な人も、も一度観てもいい。

店  アメリカンな大型トレーラーが行き来する、砂漠の一本道。
  見渡す限り周辺に何も無い、虚夢なロードサイドにポツンとあるカフェ。
  砂あらしで、日々微妙に磨り減っていく、こころ、会話、そして存在感。

  こんな場を舞台に、10数人の登場人物だけで映画は終始する。
  セリフはわずか。沈黙の時間の方が長い。しかし、その沈黙のベールは思いのほか重くない。

  観終えた後に来る、じんわりとした安堵感。
  一方、すべてを捨て去った後にだけ、歌うことを許されるような主題歌「Calling You」の、遠くから聴こえてくる、ひんやりした悲哀。
  大人のおとぎ話だ。

ショー原題:OUT OF ROSENHEIM|BAGDAD CAFE|
監督:パーシー・アドロン|西ドイツ|1987年|91分|
脚本:パーシー・アドロン、エレオノーレ・アドロン|撮影:ベルント・ハインル|
出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト (ジャスミン)|ジャック・パランス (光の画家・ルーディ)|CCH・パウンダー (店の女将・ブレンダ)|クリスティーネ・カウフマン (モーテルの一室で刺青師稼業のデビー)|モニカ・カルフーン (フィリス)|ダロン・フラッグ (バッハがうまいサル・Jr)|ジョージ・アグィラー (バーテン)|G・スモーキー・キャンベル (店の亭主・サル)|ハンス・シュタードルバウアー (ジャスミンの夫)|アラン・S・クレイグ (通りがかりのエリック)




洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

やまなか URL 2012-08-07 Tue 22:13:20

ああ、そうですね。

kayo URL 2012-08-07 Tue 19:21:25

だ、だ、大好きな作品だよ。乾いた感じがナーイス!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/623-caf9147b
Listed below are links to weblogs that reference
映画「バグダッド・カフェ 」  監督:パーシー・アドロン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「バグダッド・カフェ 」  監督:パーシー・アドロン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top