Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「青いパパイヤの香り 」  監督:トラン・アン・ユン

映画「青いパパイヤの香り 」  監督:トラン・アン・ユン

ムイ

ご主人  たっぷりとした闇と、ゆったりとした時の流れ。
  その闇と時に、この屋敷の主は、自身の心の有りようを月琴の音に託す。

  1951年、ベトナムの歴史が大きく移り変わる時。ご主人は、不穏な動きをみせる軍事、政治に巻き込まれていくのか、あるいは単に女性問題か・・・。以前にもあったが、またご主人は家を出、失そうする。

  屋敷の中は、おんな子どもだけ。
  ご主人の母親は、一日中、薄暗い2階から降りてこない。無口。ろうそくを立て、ご先祖の仏壇の前に座している。影の薄い女性だ。だが元は高貴な血筋かもしれない。この女性の旦那が、この屋敷を一代で築き上げたんだろう、と思う。

ムイ2  妻は腕白な2人の男の子を抱えている。屋敷は大きいが金に困っているらしい。表通りに面した敷地の一角で、布、織物、小物の店を営んでいる。そして、この屋敷に仕えて久しい女中はティー。もう老女の域だ。実のところ、この一家を縁の下で支えているのは、ティーかもしれない。
  そこへ、10歳のムイが加わった。ティーのお手伝い。女主人には3人の男の子以外に娘がいたが早死にした。女主人は、その娘とムイとが年恰好が同じに見えると、とても喜び可愛がった。


採る  こうした登場人物たちが屋敷の中で過ごす四季折々が、淡々と描かれる。
  ここまでが映画の8割分を占める。これを映画にしているのが、10歳のムイ役のリュ・マン・サンの清々しさ、愛らしさだ。いいね。

ふたり  残りの2割はムイが成長して、作曲家と愛し合う部分。
  ムイ・20歳がトラン・ヌー・イュン・ケーになるんだけれど、観ていて、この2割の部分は付録ツケタシにみえて不自然。ま、トラン・ヌー・イュン・ケーが美しいのと、作曲家のピアノが当時の現代音楽っぽいので許しますが。

  
  はじめて、この映画を観た時、なぜか息苦しく感じた。風を感じないんだ。
  撮影はオール・スタジオセット。この事をあとから知った。
  あんなに開放的な造りの屋敷なのに、家の中を吹き抜ける風を感じれない。 
  この映画の最大の欠点だ。何度見ても残念に思う。


サブ原題:L'ODEUR DE LA PAPAYE VERTE|英題:THE SCENT OF GREEN PAPAYA|
監督・脚本:トラン・アン・ユン|フランス ベトナム|1993年|104分|
撮影:ブノワ・ドゥローム|
出演:ムイ・10歳(リュ・マン・サン)|ムイ・20歳(トラン・ヌー・イュン・ケー)|女主人(トルゥオン・チー・ロック)|主人(トラン・ゴック・トゥルン)|女中ティー(グエン・アン・ホア)|クェン(ヴァン・ホア・ホイ)
食事











------------------------------------------------------------------
トラン・アン・ユン監督の映画 ~ 一夜一話から
------------------------------------------------------------------
「 夏 至 」 (げし)

 ヴィジュアルが美しい映画。
 観た方は多いと思いますが、安らぐ気分をいただける映画です。
 ベトナム三人姉妹の3人3様、いや、3人6様の恋物語。恋愛エピソードを6様も詰め込んで、ちょっと・・・と言えなくもないが、でも、良い映画。
 何しろストーリーの背景がゆったりで、そこから安らぐ気分をいただけます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/624-2596c3b2
Listed below are links to weblogs that reference
映画「青いパパイヤの香り 」  監督:トラン・アン・ユン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「青いパパイヤの香り 」  監督:トラン・アン・ユン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top