Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「にがい米 」   監督:ジュゼッペ・デ・サンティス

映画「にがい米 」   監督:ジュゼッペ・デ・サンティス

にがい米

  イタリアの田植えの話。
  毎年5月に40日間ほどの田植えのために、デカセギ労働者が北イタリア各地から集まってくる。全員女性だ。そのために専用列車が何本も用意される当時の一大事業。全員、最終日に賃金と5キロほどの米をもらう。戦後、まだまだ貧しいイタリアの話だ。(この女性労働者全体をモンディーナというらしい。)

  我々から見ると、時々潮干狩りにみえる。(笑)
  また苗の扱いが、雑草を手にするように、どうもゾンザイだし、なんか農作業を忠実になぞってない感じがする。映画冒頭に、稲はインド・中国と同じ作り方だと言っているが。

そういうこと  まあ、そんな田植えの話に、宝石泥棒男女二人組が紛れ込みストーリーは進む。当時はドキュメンタリー性が目を引いたらしいが、今となっては記録映画?。田植えの労働歌はまさに記録性が高い。
  そして思うに、当時、ドキュメンタリー性なんて事よりも、シルヴァーナ・マンガーノら女優のエロさに魅かれて映画館に行ったんだろう。

発車  脚本が稚拙で、観てて辛い場面がある。
  しかし、アンティークでおしゃれな場面も。


ロックんロール  ゼンマイ式SPレコードプレーヤーで、ロックん・ロールをひとりで踊るシルヴァーナ(中央→)。ロックのダンスお作法成立以前なのですが、なかなかいいんだ!これ必見。




水浴び原題:Riso Amaro|

監督:ジュゼッペ・デ・サンティス|イタリア|1949年|109分|
原案:ジュゼッペ・デ・サンティス、カルロ・リッツァーニ、ジャンニ・プッチーニ|
脚本:コルラード・アルヴァロ、ジャンニ・プッチーニ、イーヴォ・ペリッリ、カルロ・リッツァーニ、ジュゼッペ・デ・サンティス、カルロ・ミュッソ|撮影:オテロ・マルテリ|
出演:ヴィットリオ・ガスマン(宝石泥棒男・ウォルター)|ドリス・ダウリング(その愛人、その後改心し軍曹といい仲になる役・フランチェスカ)|シルヴァーナ・マンガーノ(グラマラスな田植え女、マルコ軍曹といい仲だったがウォルターにそそのかされ利用されるはめに、最後は自殺・シルヴァーナ)|ラフ・ヴァローネ(軍曹・マルコ)

田植えが終わると、用水路で泥落としの水浴び風景
米泥棒トラック

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/629-e8aa7be2
Listed below are links to weblogs that reference
映画「にがい米 」   監督:ジュゼッペ・デ・サンティス from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「にがい米 」   監督:ジュゼッペ・デ・サンティス

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top