Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「勝手にしやがれ 」  監督:ジャン=リュック・ゴダール

映画「勝手にしやがれ 」  監督:ジャン=リュック・ゴダール

喫茶店

  半世紀前の映画だが、今でも新しい。

はじめ  ミシェル(ジャン=ポール・ベルモンド)は、盗んだ車で意気揚々と田舎道を疾走。ご機嫌だ。ダッシュボードにあった拳銃を見つけ、子供のように遊んでいる。張り込み中の白バイに追われるが、脇道でその警察官を殺ってしまう。しかし射殺のシーンは、藪の中で人らしき影が倒れるほんの一瞬見せるだけだ。殺人を露わにしない。
  パリに着いても、あちこちで路上駐車の車を、とっかえひっかえ盗む。余りにも大ぴらな犯行だ。この時点でこの映画は寓話だと分かる。寓話にすることで自由な表現の場が得られた。もちろん時は1959年、フランスが背負い込んだ事の重さ、同時に若い連中の持って行く先のない憂いに端を発する、漠とした反抗心がバックグラウンドにある。
  一方、ミシェルの恋人パトリシア(ジーン・セバーグ)は米国人で現実的、自身のキャリアアップに懸命だ。この対比が面白い。

歩道  映画を俯瞰すると、「寓話」と「パリの街の写実」が織りなす綾が、実に絶妙だ。白昼夢と言える。かつ絵が本当に美しい。
  サスペンスや感情移入系の映画じゃない。ビジュアル志向で感覚派向きの映画だろう。古臭い映画評論なんかを先に読んでしまうと、せっかくの映画がつまらなくなってしまうので、よそう。






あやしい  タイトル  歩く
↑ 新聞で顔を隠して街を歩く姿は、私は怪しい者ですと言っているようなもの。コミカルシーンもある寓話だ。

部屋にて  シルエット  はっと
なんといってもジーン・セバーグがかわいい。

車夜  夜景  車2
当時のパリの夜は、アメ車が似合う。       この頃の夜の街の暗さは、なんか柔らかい。

読む  エスカレータ  座席
                                              うせろ


ポスター


原題:A BOUT DE SOUFFLE|英題:BREATHLESS|
監督:ジャン=リュック・ゴダール|フランス|1959年|95分||
脚本:フランソワ・トリュフォー|撮影:ラウール・クタール|
出演:ジャン=ポール・ベルモンド (ミシェル・ポワカール・別名ラズロ・コヴァクス)|
ジーン・セバーグ (パトリシア・フランキーニ)|
ダニエル・ブーランジェ (ヴィダル刑事)|ジャン=ピエール・メルヴィル (作家パルヴュレスコ)|ジャン=リュック・ゴダール (密告する男)|アンリ=ジャック・ユエ (アントニオ・ベルッチ)|


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/635-ef6a669e
Listed below are links to weblogs that reference
映画「勝手にしやがれ 」  監督:ジャン=リュック・ゴダール from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「勝手にしやがれ 」  監督:ジャン=リュック・ゴダール

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top