FC2ブログ

映画「太陽の下の10万ドル 」 監督:アンリ・ヴェルヌイユ

道トラック

  娯楽映画です。
  S字カーブが続く北アフリカの山岳地帯。小石をけ散らしながらトラックと大型トレーラーが疾走する。
  アウトローなフランス人たちの、度胸と、金欲しさの知恵比べと、男の意気を語るトラック野郎活劇。

先行2  トラックを何台も所有する運送会社。社長とトラック運転手はフランス人。社長は武器の不法輸送をたくらんでいた。そのために急きょ雇ったドライバーが、流れ者のハンスという男。準備は上々であった。しかし、その朝6時、武器を積んで出発するトレーラーを運転しているのが、ロッコ(ジャン・ポール・ベルモンド)であることは誰一人知らなかった。ロッコは途中で愛人のペペを拾い、意気揚々と走った。なんたって10万ドルだ。夢は膨らむ。

追跡山道  事態を知った社長は激怒。思案のあげく、信頼できる社員エルベ(リノ・ヴァンチュラ)という男に、ロッコを追跡し荷を回収する任務を告げた。報酬は5000ドル。いやいや!何をおっしゃる。エルベはすかさず交渉し報酬は2万ドルになった。さっそくトラックで出発したエルベは、途中でハンスを同乗させることとなった。


壊れた  なんとかロッコに追いついたエルベは山岳地帯のS字上り坂で、命がけのカーアクション。しかし悪知恵はロッコの方が一枚上手だった。急カーブの陰で急停車したトレーラーの後部に、エルベのトラックは激突。走行不可になる。後から来た仲間のトラックに牽引され、町で応急処置、なんとか走行できるようになった。そして、追跡は再スタート。

ライフル  ロッコは待ち構えていた。ライフルでエルベとハンスを脅し、エルベのトラックに武器を積み替えさせた。ロッコのトレーラーも走行不可能になっていたのだった。そしてロッコとペペは、エルベ達を置き去りにして、はや目的地に向けてまっしぐら。

  さて、この後、話はどう展開するのかって? ぜひ観てください。
  ただし、この映画の唯一の残念は、オチが落ちないのです。
  もっとましなオチがあろうに、魔がさした、としか言いようがない。それだけが残念。でもいい娯楽映画であることに変わりない。トラック好きな人たちにも、お薦め映画かも。

砂漠から本道へ 山道追いつく 
トラックを降りると半人前。歩くしかねぇ・・。 ワイルドな景色の中、対向車は皆無

どうしたの?
こんなところでお昼寝かい。「なあに、ちょいとした事さ」 町まで牽引してやろう。
 

国境越えの街原題:100,000 Dollars Au Soleil|

監督:アンリ・ヴェルヌイユ|フランス|
1964年|129分|
原作:クロード・ヴェイヨ|
脚色:マルセル・ジュリアン、アンリ・ヴェルヌイユ|
台詞:ミシェル・オーディアール|撮影:マルセル・グリニョン|
出演:ジャン・ポール・ベルモンド (ロッコ)|リノ・ヴァンチュラ (エルベ)|レジナルド・ケルナン (ハンス)|アンドレア・パリジー (ロッコの恋人ペペ)|ほか


1960年代のフランス映画はいいですね。
 下記の特集で、60年代の作品をまとめています。クリックしてご覧ください。
 img_poster52 3


【 一夜一話の歩き方 】 下記、クリックしてお読みください。

 最新の記事    過去記事リスト    人気映画ランキング・特選映画 

 日本映画だけ見る   日本映画を「タイトル名」から探す   日本映画を「監督」から探す 

 外国映画だけ見る   外国映画を「タイトル名」から探す   外国映画を「製作国」から探す 

 京都、旅行、温泉、美味    書評    美術館・博物館めぐり 

 ポピュラー音楽!!    クラシック音楽 
関連記事
スポンサーサイト
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply