Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ポストマン・ブルース 」  監督:SABU

映画「ポストマン・ブルース 」  監督:SABU

上

走れ  安くても美味しい定食屋。
  いい感じの ドタバタ エンターテインメント、細かいこと気にせず、話に身を任せましょう!
  
  いくつもの定番定食が並びはじめる。定番だが予想を裏切らない新鮮味。陳腐さを感じさせないお話。
  おバカなシーンは、深い入りしないで、一緒に笑いましょう。
  そうすりゃ、明日もなんとかなるもんです。

いこう22  主人公の、郵便局の配達員がその同窓生でチンピラの部屋に立ち寄ったのがすべての発端だった。部屋ではチンピラがまさに小指をちょん切たばかりであった。 その小指が郵便配達のカバンに転げ込んだ事は、チンピラも気づかなかった。配達員は部屋に帰って配達残の封書を自室で開封していた。ハタマタ開封した手紙が縁で病院屋上で難病女子と出会い、その仲介役が実はプロの殺し屋で全国殺し屋コンクールに応募し採否通知を待っている。その採否通知ハガキも配達残に紛れていた。 (下の写真・小指が血糊で張り付いた採否通知)。警察は、大誤認で見当外れな嫌疑をかけて郵便局員を夢中で追いまわし、しかし全く追われていることすらも知らない局員はすいすい自転車で街をゆく・・・難病女子に会うために。ところが警察は大勢出動で包囲網、にぎわいが人を呼び、同窓のチンピラも、殺し屋も自転車のって、包囲網に突・突撃!!


はがす監督・原案・脚本:SABU|1997年|110分|
撮影:栗山修司|
出演:堤真一|遠山景織子|大杉漣|堀部圭亮|清水宏|伊藤洋三郎|山本享|武発史郎|寺島進|四方堂亘|SABU|永居光男|澤山雄次|滝沢涼子|鈴木一功|及森玲子|田口トモロヲ|麿赤兒|近藤敦|ダイアモンドユカイ|平泉成|小松沢陽一|

街歩き

プロ殺し屋  金髪
こちらのふたりも恋仲!        彼女は「恋する惑星」のブリジット・リン気取り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
映画「恋する惑星」 ~ 一夜一話から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  いい映画だ。
  トニー・レオンも、金城武も、突然の失恋で話が始まる。
  そしてこのふたりの男と、新たに現れるふたりの女が出会う。
  雑多な個性が、せめぎ合う香港。人も街も、旺盛に前へ前へ突き進む香港。常にせわしなく時にいかがわしいい香港。こんな街を背景に、男と女が出会い、すれ違っていく。
  この映画、男の心の内面や、孤独の表現がうまい。 ・・・・「恋する惑星」

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

연예인합성사진 URL 2013-06-10 Mon 22:00:20

미친놈 자라는애들이 보고듣고 자란다 이세끼야 정치는 너희끼리처싸워

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/658-ac8800f8
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ポストマン・ブルース 」  監督:SABU from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ポストマン・ブルース 」  監督:SABU

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top