Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「暁の追跡 」   監督:市川崑

映画「暁の追跡 」   監督:市川崑

江の島
石川巡査(池部良)と、オチャメな友子(杉葉子)

  そんなに凝った作りの話に観えないんですが、味があります。
  警察側からの話なので、若干引いて観はじめましたが、一巡査の目を通して、1950年昭和25年当時の世間が見え始めると、関心はその方へと移っていきます。

これが新橋駅前だ。
新橋  兵隊から帰って来て警官になった石川巡査(池部良)は、職についてまだ日が浅い。
  東京・新橋駅前のポリスボックスが彼の勤務場所。
  近くの中華食堂の娘・友子(杉葉子)と恋仲。ふたりで江の島に行き大いに楽しんできた。

病人のあたし  ある日、ポリスボックスに連れてこられた末端の麻薬売人が石川巡査の目を盗んで逃亡。石川巡査は追跡したが犯人は新橋駅近くの国電(JR)高架で電車に轢かれてしまう。(自殺のようにみえる)  犯人の死に対する責任と、悲惨な現場を間近にみた石川は、我を失い自閉気味。自分にまず出来ることは犯人宅で焼香することだ。探し当てた家は貧しい街の路地の奥にあった。石川巡査は、犯人の妹・雪江に「官憲は弱きを助けない」と罵られた。その言葉は実は石川の心の中で繰り返し考えている事と相通じる。
トラック  ある企業の労働争議のもめ事に、警察はトラック2台分の警官を派遣し、ストに介入する。その中に石川もいたが、もう警官という職が嫌になった。彼は転職活動を始める。ここが面白い。知り合いを伝って、大和証券など普通の会社を数社巡るが、どの会社も不況で人員削減中。そんな最中に石川は、窓越しに殺人現場を目撃する。この事件はその後、思わぬ展開になる。

ボス  映画後半、麻薬密売組織のボスを逮捕するため、人気のいない倉庫地帯にトラック数台に分乗した警官たちが密かに到着、配置に着く。東京大空襲で被害を受けた倉庫の、レンガの外壁がわずかに残っている、そんな風景の地域だ。沈黙した緊張の夜明け。突如派手なドンパチが始まり映画はクライマックスを迎え、娯楽映画として映画は終わる。   (寝込みを襲われ、機関銃を乱射する組織のボス →)
  しかし映画は一方で、別なメッセージを観客に伝えてくる。
  警察は、警官の集団力で、広域暴力団やデモに立ち向かう。映画はそう言っているようだ。

争議  車が到着
橋監督:市川崑|1950年|93分|
原作:中川淳|脚本:新藤兼人|撮影:横山実|
出演:池部良 石川巡査|水島道太郎 山口巡査|伊藤雄之助 檜巡査|田崎潤 伊達巡査|杉葉子 友子|野上千鶴子 雪江|江見渉 八郎|三原純 津川警部補|菅井一郎 人見捜査主任|島田友三郎 加藤刑事|岩宮忠三郎 吉村刑事|今清水基二 小田切巡査|沢村昌之助 三好巡査|柳谷寛 田部巡査|藤原釜足 佐野巡査|石黒達也 石黒警部補|久保春二 佐伯警部|長浜藤夫 舟木|清水元 野上|高木昇 森川|西川敬三郎 銀次郎|富田仲次郎 阿久根倫三|高堂國典 珍々亭の親父|横山運平 麹町の老人|清川荘司 ホールのマネージャー|大倉文雄 ビルの管理人|中村是好 舟木家の家主|北林谷栄 舟木の妻ふじ|三条利喜江 厚化粧の女|原文雄 金を借りに来る男|若月輝夫 酔漢A|佐川滉 酔漢B|山室耕 刺青の男|田中義雄 舟木の子供|伊藤忠 田部の子供|岡崎夏子 中年の婦人|山川朔太郎 株屋の中原|鮎川浩 ねぼけ男|

笑い60  交番にて60
石川巡査(池部良)                    石川の転職先も見つけて来る、友子(杉葉子)
義務ですって60  足して60
電車に轢かれた舟木の妹・雪江(野上千鶴子)    檜巡査(伊藤雄之助)は交番内で拳銃の誤発射で
                                仲間を負傷させ警官を退職、キャバレーのトランぺッターになる。


電車が写真右端の線路に倒れ込む脱走犯人・舟木(白いワイシャツ姿)
電車はまだ線路の奥の位置だ。
電車が来るまで、舟木はこの格好で待機し電車に轢かれる。
自殺のようにみえる。











子がのぞく  刑事が下りていく
犯人・舟木の妻ふじ(北林谷栄)の家。        刑事が階段を下りる。
池部良を子供がガラス戸越しに覗く。          窓越しに近隣の人々が覗いている。

ちんどん  隅田川
チンドン屋が行く。坊主頭にパンツの子たちがたくさんいる。  隅田川で泳ぐ子供達。
女からの手紙
1950年、日本はまだ占領下だ。
カラフルな50年代アメ車は見当たらない。




【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/661-d4b24a1b
Listed below are links to weblogs that reference
映画「暁の追跡 」   監督:市川崑 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「暁の追跡 」   監督:市川崑

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top