Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「トニ」   監督:ジャン・ルノワール

映画「トニ」   監督:ジャン・ルノワール

上
ジョゼファとトニ

採石場  主人公トニはイタリア人。ここ、南フランスに出稼ぎに来ている恋多き独身男。
  ほかにスペインからも出稼ぎの人々が10人ほど来てる。彼らは仮小屋で野宿に近い生活を送っている。たぶん季節になれば母国に帰るのかもしれない。アフリカ系の男もいる。ともに石灰石の小さな採石場で働く労働者たちだ。現場の監督でフランス人のアルベールのもと、急斜面にダイナマイトを仕掛け爆破し、山肌を崩す。この繰り返しだ。

トニとマリー  トニは出稼ぎだが、この地に定住しているようだ。彼が間借りしている家には、マリーがいていい仲だ。ベッドを共にして久しい。しかしマリーはトニの心が冷えてきている事を強く感じている。それもそのはず。周りのみんなも知っているとおり、トニはロマの娘ジョゼファに首ったけ。
けんか  でも、このジョゼファも恋多き娘。彼女に一番言い寄っているのは、採石場の監督アルベールだ。結婚しようと言っている。トニとアルベール。腕力を別にすれば、社会的にはアルベールが優位なのは歴然だ。そんなことで、いろいろなもめ事を乗り越え、アルベールはジョゼファと結婚しジョゼファの家に住み始める。
一家  トニは、マリーのもとに「とりあえず」落着き2年が過ぎる。さてここから、またヤケボックイやら殺人が起こり、トニにも大きな運命の波が押し寄せるのであった。

(← アルベールとジョゼファと子供、そして財産分与で揉めるジョゼファの従弟)


池  観はじめの時は、地元のフランス人と、出稼ぎや移民のイタリア人、スペイン人との区別がつかなく、分かりにくい。字幕頼りじゃなく、さらに公開当時なら、すんなり理解できる事なんだろう。
  話は単純なんで、どうもこうもない。1935年という80年ほど昔の人間の様子がわかって興味深い。
  フランスは、近隣国からの「外人部隊や出稼ぎや移民」で、戦争や産業の人手不足や農村の過疎化を乗り越えて来た歴史が1935年当時までに、すでにあった。かたや当然、外人排斥圧力も強く外人嫌いが蔓延していた。さらにはユダヤ人ロマ人の問題が加わっている時代背景が、この映画にあるかもしれない。

鉄橋監督:ジャン・ルノワール|1935年|フランス|95分|
原作:ジャック・ルベール|脚本:ジャン・ルノワール|撮影:クロード・ルノワール|
出演:シャルル・ブラヴェット|セリア・モンタルヴァン|マックス・ダルバン|ジェニー・エリア|アンドレ|ポール・ボッツィ|エドゥアール・デルモン|
抱き上げる



洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/662-b5d12223
Listed below are links to weblogs that reference
映画「トニ」   監督:ジャン・ルノワール from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「トニ」   監督:ジャン・ルノワール

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top