Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「鬼火」   監督:ルイ・マル 1963年

映画「鬼火」   監督:ルイ・マル 1963年

上
「ラ・バルビネ医師 療養所」 古風な大邸宅のような療養所だ。


院内  主人公アランは、この精神科の療養所に住んで3年になる。アルコール依存症だ。診療所は古風な欧州風大邸宅のようだ。
  彼の個室は、こんな感じだ。アランとラ・バルビネ医師 (→)
  アランは将校として立派な仕事をしてきたらしい。アルジェリア戦争だろうか。
  こんなリッチな診療所に入れるくらいに、アランは、その元妻や愛人たち、友人たちと同じように、どうやら特権階級の人々らしい。この映画は、そういう人々の社会においての、退廃や繁栄や窮屈さを表現している。

愛人  7月23日。彼の部屋の、壁一面の鏡にそう書かれている。話は一直線な展開だ。
  外出届を出してアランは、ホテルでアメリカの愛人と会っていた。映画はこのシーンから始まる。愛人は経営者でお金持ち、多額の小切手を彼に渡したりする。診療所に戻ったアランに医師はそれとなく、君は完治したと言い、退院を進める。しかしアランは抵抗する。自身は不治の病だと。結果、この医師の発言が彼に拍車をかけた事にもなる・・・。

病院まえ  アランにとって7月23日までにやっておくべき、いくつかの段取りがあった。アメリカの愛人とあったのもそのひとつであった。次はむかしの仲間たちに会うべく、パリに行く。アランとバカ騒ぎをやった男たちが次々に彼に声をかけてくる。しかし彼が去った後、人々は言う。「やつれたね、昔の面影はない」と。
親友
  親友にもあった。結婚し子どもをもうけ堅実な日々を送っている男。アランと会って、「その代りに捨てたものも多い」と言う。親友は懸命にアランに軌道修正を言うがアランは聞かない。アランは親友に捨て台詞を言ってその場を去った。

そう

  相変わらず今も退廃してる連中にも会った。またエリートとして今を生きる彼女にも会った。とにかく多くのパリの人々と再会し、すぐに去っていく。確かめるために・・・。
  つまり、自分が人々を拒否、拒絶する、その勢いで自身を奮い立たせる必要があった。アランの思いだ。決めた事とはいえ、努力がいる。 
  7月23日、穏やかな日だった。アランは読書を終え、あらかじめ準備しておいた身の回りのモノをカバンに詰めた。ネクタイも数本入れた。ただし拳銃だけは、カバンに入れなかった。そしてアランは、一瞬で事を終えた。 

  観ていて思うに、パリにいるむかしの仲間たちに対しての、アランの感情はもう薄れてしまっていて、また、今さらどうこうと思うほどアランも馬鹿じゃないし、と思う。つまりは、自殺のエネルギーが足りないアランだった。彼の自殺を後押しするほど、自分に余裕のある人もいない。
  エリート層なのに、女にとてももてるのに、生きればいいのに、もったいないですね。とは、お話なので言える事。精神疾患の患者さんとそのまわりの人々は、みな大変苦悩なさっている。アランもだ。 

下原題:Le Feu follet

監督・脚本:ルイ・マル|フランス|1963年|108分|
原作:ピエール・ドリュー・ラ・ロシェル|撮影:ギスラン・クロケ|
出演:モーリス・ロネ (Alain)|ベルナール・ノエル (Dubourg)|Jacques Sereys (Cyrille)|アレクサンドラ・スチュワルト (Solange)|ジャンヌ・モロー (Eva)|アンリ・セール (Frederic)|


              朝
              外泊したホテルの朝。愛人と。 モノクロはいいですね。アランさん。

画廊とアラン
パリの画廊にて。モテたんですアランは。

              夜
              パリの濡れた夜。アランと親友。 
              ゆっくり走る小型バスです、これ、アンティークでいいですね。


救急車
療養所に到着した救急車。 美しいクルマです!


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/668-8859b1cc
Listed below are links to weblogs that reference
映画「鬼火」   監督:ルイ・マル 1963年 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「鬼火」   監督:ルイ・マル 1963年

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top