Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「非行少女 」     監督:浦山桐郎    和泉雅子・浜田光夫

映画「非行少女 」     監督:浦山桐郎    和泉雅子・浜田光夫

TOPページにもどる

上ue

  ここは金沢。15歳の若枝(和泉雅子)と21歳の三郎(浜田光夫)との美しいラブストーリー。

冒頭  三郎は中学を出て東京に出たが金沢に帰って来て、美しくなった若枝15歳に出会う。しかしその間、若枝の母が世を去って、父親はすかさず女を家に引き入れる。家に若枝の居場所がなくなった。
  夜の街に出て不良の真似をして盗みや飲酒・煙草を吸うが、若枝には気晴らしにもならなかった。
  田舎じゃ、異端者は追い出されるらしい。金沢中央児童相談所から非行少女の保護機関・北陸学園に強制的に入園させられる。え? 若枝って、どうして非行少女とされるんだろうか? これぐらいの事で、田舎はおそろしい。このことが三郎との愛を壊すことになる。若枝は思う。「私は三郎さんの思いに、こたえるだけの自信がない。」

駅の喫茶店  若枝はミシンをおぼえて大阪で縫い子になることを決心する。
  彼女の大阪行の当日、金沢駅にいる若枝を、混雑のなか探し出した三郎は若枝を説得するが彼女の決意は変わらない。
  汽車の発車時刻が迫る。
  ふたりは時計の針に追われるように汽車に乗った。
  しかし、三郎は次の駅で降りる。若枝は大阪へ行く。
  ふたりの愛は、あいまいなままに、先送りされる。若さゆえ。
汽車


監督:浦山桐郎|1963年|114分||
原作:森山啓|脚色:石堂淑朗、浦山桐郎|撮影:高村倉太郎|
出演:浜田光夫 (沢田三郎)|小池朝雄 (兄・沢田太郎)|香月美奈子 (沢田由美子)|小夜福子 (沢田ちか子)|
和泉雅子 (北若枝)|浜村純 (父・北長吉)|佐々木すみ江 (北勝子)|
赤木蘭子 (マス)|北林谷栄 (北静江)|加原武門 (北時十郎)|
杉山俊夫 (竜二)|小沢昭一 (小使)|兼松恵 (アキ子)|吉田志津子 (学園の女子・富子)|河上信夫 (学園の園長)|高原駿雄 (武田)|今井和子 (武田の妻)|


はっぱ
若枝(和泉雅子)
家
若枝の家。 家には父親と愛人。自分の居場所は家にない。
駅
金沢駅にオート三輪で駆けつける三郎(浜田光夫)
闘争  らすと 
この映画の舞台の村には、感情的な「いがみ合い」がある。
原因は「内灘闘争」だった。
1949年から内灘砂丘の海岸線が米軍の砲弾試射場になった。
村内では接収反対運動が起きて反対賛成の対立、同時に全国的な運動へと展開した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「不良少年」 羽仁進監督 ~ 一夜一話からピックアップ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  特別少年院に収容された少年の青春物語。
  羽仁進独特の、若者に向けた、柔らかい視線がよく出ている。
  主人公・浅井役のキャスティングが決定打だ。この面構えは、いま観てもいい。
  「不良少年」はこちらから


TOPページにもどる


映画ピックアップ ~ 一夜一話より

紹介60第4弾のテーマは、「女が、自分の道を歩む時」

  きょうび、女子が「自分の道」を歩みはじめた時、男子よりずっと強い。
  へこんでも、へこたれない。へこたれても、起き上がる。
  起き上がって・・・、時に、ため息もする。 こちらからどうぞ。


TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  



TOPページにもどる
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/673-18859b20
Listed below are links to weblogs that reference
映画「非行少女 」     監督:浦山桐郎    和泉雅子・浜田光夫 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「非行少女 」     監督:浦山桐郎    和泉雅子・浜田光夫

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top