Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ココニイルコト」      監督:長澤雅彦   堺雅人、真中瞳

映画「ココニイルコト」      監督:長澤雅彦   堺雅人、真中瞳

TOPページにもどる

上
 
 話が進むにつれて堺雅人・役の、広告代理店営業マンの素性が少しずつ分かってくる。そしてこの映画は、彼が作り出す静かな調子で、ドラマ全体が構成されていることに気付きだす。その、チョイとした不思議さに思いを寄せられれば、この映画おもしろい。

アップ  前野(堺雅人)は大阪にある広告代理店に中途入社した。ちょうど、その日に東京から転勤してきた女がいた。相葉(真中瞳)だ。東京ではコピーライティングを業務にしたクリエイティブ部社員だったが、転勤で大阪の営業職になる。相葉にしてみれば、都オチ。しょげている。やる気なし。仕事のサイズが、ちさい。大阪の事務職女子連からイビラレル。おじさん営業マンからは、「大阪では営業がクリエイティブなんや、覚えとけ!」  こんな風土にカルチャーショックを受けまくる相葉。

  前野は大阪出身だから職場の雰囲気はなんでもない。しかし日々湧いて起きる障害を、笑顔でゆるゆると避けていく才能は、なかなか無い。「まっ、エエんとちゃいますかぁ~」てなグワイ。
  
  相葉は独身、美人だ。東京では橋爪常務といい仲であった。常務夫人に悟られて、50万円キャッシュを受け取る。大阪転勤を飲んだ相葉。そういう意味ではいい悪いを簡単に言えない相葉。ま、オーナー企業なんでしょう。

  一方、前野は心臓の弁に不具合を持つ。以前入院をしていた。前野の妹は心配している。

  ラブストーリーとまでは言えないが、男と女との、いい関係をうまく引き出した脚本。脚本と堺雅人の勝利! お見逃しなく。


プラネタリウムが好きな前野(堺雅人)手前。奥の赤い服の女が相葉(真中瞳)
プラネタリウム
監督:長澤雅彦|2000年|112分||
原案:最相葉月|脚本:長澤雅彦、三澤慶子|撮影:藤澤順一|
出演:真中瞳(現・東風 万智子) (相葉志乃)|堺雅人 (前野悦朗)|
中村育二 (山田武史)|小市慢太郎 (大伴尚之)|黒坂真美 (渡部あつこ)|原田夏希 (門倉めぐみ)|島木譲二 (丸山亀吉)|笑福亭鶴瓶 (大門幸三)|阿南健治 (藤井明久)|不破万作 (土屋誠)|近藤芳正 (福田恒夫)|久保京子 (橋爪久美子)|俵木藤汰 (宇田川政樹)|臼井静 (江藤由希子)|井之上チャル (川藤大輔)|稲森誠 (四方田悟)|重松収 (工藤友康)|




TOPページにもどる


映画ピックアップ ~ 一夜一話より

人生60第3弾のテーマは、「人生なんて、そうそう うまく行かないワケよ。」

  悲しい映画。
  人生なんて、そうそう上手く行かないワケ。
  そんな登場人物の「心のひだ」に感応して、涙して。
  穏やかなハッピーエンドだと、ほっとほんのり安堵する。
  こっちの気持ちも、ほぐれてくる。そんな幸せもある。
  こんな気持ちで、ただぼんやりしている時間も欲しいものだ。  こちらからどうぞ。


TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  


TOPページにもどる
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/680-a89d8028
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ココニイルコト」      監督:長澤雅彦   堺雅人、真中瞳 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ココニイルコト」      監督:長澤雅彦   堺雅人、真中瞳

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top