Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「桃さんのしあわせ (タオ)」   監督:アン・ホイ  出演:ディニー・イップ

映画「桃さんのしあわせ (タオ)」   監督:アン・ホイ  出演:ディニー・イップ

上

桃とロジャー  じんわり温かく、ほっこりしたい時にどうぞ。
  
  主人公・桃(タオ)さんは、ベテランの家政婦さん。
  彼女はロジャーのアパートに住込みで、彼の生活一切の面倒をみている。ロジャーと桃さんは以心伝心、何も言わずに、お互いの心と心が通じ合う、母子のよう。それもそのはず、桃さんは、ロジャーが赤ん坊のころオムツを取り替えて以来、ずっと続いている間柄。
  そもそも桃さんは、ロジャーの両親・兄妹などロジャーの一家の家政婦さんだったが、ロジャー以外はみな、香港を離れ外国に移住して行った。残ったロジャーは、有名な映画監督で香港と中国を行き来しながら、映画プロデュースの毎日だ。

ホーム  ある日、桃さんが倒れた、脳血管障害だ。ロジャーは病院に駆け付けた。足に障がいが残ったが、リハビリで回復し始める。そして、だが、彼女は決心した。70歳を越えた自分、家政婦を辞めて、そろそろ身を引こう。そうだ、老人ホームに行こう。これをロジャーに打ち明ける。彼は香港中を探して彼女が入る施設を決めた。ビルの1階が老人ホームになっている。そして入居。
待つ  桃さん、これで一段落したものの、心のうちは落ち着かない。食事が不味すぎる。個室と言っても、パーテーションで区切られた狭いスペース、トイレが共同、炊事場もない。そしてひとり。世話する人がいない。ホームの他の入居者と混じりきれない桃さん。認知症の入居者も多く、うめき声、叫び声が絶えない。しかし、自分の居場所はここだ。
   ロジャーが訪問する日が待ちどおしい。訪問当日、桃さんがホームの玄関で座って待っていると、他の入居者が彼女をからかう。 「まるで彼氏を待ってるみたい!」
食事正  ロジャーが来る日は、ふたりでデート、外で食事を共にする。
  久しぶりに、人間が食べられる食事ができる桃さん。一方、ロジャーはベジタリアンのようだ。桃さんが作る、彼のためだけレシピの料理を長年食べてきたロジャーは、外食が苦手だ。桃さんの一番の自慢は、誰よりも美味しい料理ができること。実は彼女、他人の作る料理への批判は厳しい・・・。
  そんな彼女に、ロジャーの一家は、密かに彼女のためにアパートを用意していた。

車椅子  桃さんは、まだ13歳の少女の時に、家政婦見習いでロジャーの家に住み込んだらしい。だからロジャーの祖母も知っている。その祖母も脳卒中で倒れ、桃さんが看病した。だからこの脳血管障害に詳しい。自分も、もう一度倒れる、そして車椅子になるだろうと。そして、その通りになった。ロジャーはそれでも懸命に彼女を介護する。彼は香港の街を、車椅子を押しながら、桃さんとふたり笑いが絶えない。ロジャーの家族はそのことをほめる。そして・・・。


  桃さん役の女優・ディニー・イップがいい味だ。かわいいおばあちゃん。ヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を獲得している。
  人はどう死ねるのだろうか?みたいなことを映画は言うが、その前に桃さんの健康管理をしたげないと、と思った。
  

桃さんのために、ロジャーの一家が香港に集まった。
一家オリジナル・タイトル:桃姐
英語タイトル:A Simple Life

監督:アン・ホイ|中国、香港|2011年|119分|
原作:ロジャー・リー|脚本:スーザン・チャン|撮影:ユー・リクウァイ|
出演:桃(タオ)(ディニー・イップ)|ロジャー(アンディ・ラウ)|
ロジャーの母(ワン・フーリー)|老人ホームのチョイ主任(チン・ハイルー)|老人ホーム経営者・バッタ(アンソニー・ウォン)|キン(チョン・プイ)|歯科医(チャップマン・トウ)|サモ・ハン・キンポー|ツイ・ハーク|レイモンド・チョウ|ジョン・シャム|ロー・ラン|アンジェラベイビー|


監督本作「桃さんのしあわせ」の監督、アン・ホイさんは、香港のベテラン監督。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  女性監督アン・ホイさんの映画 ~ 一夜一話からお薦め!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「女人、四十。」

  40歳を過ぎた妻と気弱な夫、夫の父親は頑固で、とかく妻との関係が永年よろしくない、ギクシャクした一家。
  ある時、父親が認知症になる。とんでもないことに父親は、嫁しかわからなくなった。夫もその妹も孫も誰だか認知できない。介護施設にいったん入所させるが結局は家に引き取った。
  そして嫁は介護し始め、父親は嫁を頼りに生き始めた。ある時、父親は、嫁に赤い花をプレゼントする!!
  いつしか一家は和らいだ空気に包まれ始め、夫婦も新たな一歩を歩み始めることになる。


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/703-ed007524
Listed below are links to weblogs that reference
映画「桃さんのしあわせ (タオ)」   監督:アン・ホイ  出演:ディニー・イップ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「桃さんのしあわせ (タオ)」   監督:アン・ホイ  出演:ディニー・イップ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top