Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「空の穴」    監督:熊切和嘉

映画「空の穴」    監督:熊切和嘉

上

  さらっとした、いい映画。
  放蕩息子とは言うが、木下家の場合は、放蕩父親だ。父親は年中、日本中を車で遊び回って帰って来ない。だから、一人息子の市夫(寺島進)は、親が作ったドライブイン「空の穴」をひとりで切り盛りしている。はっきり言えば、ひとりで切り盛りできるほどしか、繁盛していない。

市夫  「空の穴」は北海道の片田舎にある。近くに人家はない。空気だけはいい。晴れた日は、空が抜けるように青い。
  市夫の日課は規則正しい。早朝にジョギング、食材の仕入れ、仕込み、そして昼間は客がほとんど来ないのでボーっとしている。目の前の道路を時々車が通るだけ。夜は賑わう。市夫はこうした繰り返しの毎日を何年も送っているが、特に不満は無い。だが30歳過ぎの独身だ、ボーっとしている時に漠然とした不安を感じる時もある。

左  そんなある日・・・、で映画話は始まる。
  市夫の、漠然とした領域に、突然、女が飛び込んできた。香山妙子(菊地百合子)は、彼氏とドライブ旅行中に置いて行かれた東京の女だ。所持金なし。ハンドバックのひとつも無し。あても無し。とうざ、することも無し。そんなことで「空の穴」のバイトとなった。
  「空の穴」は店舗兼住居だ。市夫はここで父と自然の中で育った。ワルに染まらずここまで来た、彼女もいない、じゃぁ、単純に純粋無垢か、それでは話がうすっぺらになってしまう。30過ぎの男の設定ですから、ここが役柄的に一番のキモになる。さて寺島進は・・・。
  市夫はバイトの女性の扱いはでき、妙子はバイト女性風に働きはできるが、ひとつ屋根の下、ふたりは徐々に・・・そして・・・。


厨房監督:熊切和嘉|2001年|127分|
脚本:熊切和嘉、穐月彦|撮影:橋本清明|
出演:寺島進 (木下市夫)|菊地百合子 (香山妙子)|外波山文明 (木下旭)|澤田俊輔 (内田登)|権藤俊輔 (山崎)|きいちめぐみ (女子高生)|矢島美鶴 (リポーター)|辰巳裕二 (若者)|田口雄介 (若者)|久保和明 (空の穴の客)|内山裕子 (成田雪子)|時任歩 (市夫の母)|片寄晴則 (成田)|佐久間孝 (富山)|桑原淳 (修理工)|熊切澪 (幼い市夫)|箱崎君子 (農婦)|熊切和嘉 (若き日の市夫)|木田茂 (青年団員)|野尻克己 (青年団員)|熊切豪 (青年団員)|岩渕正樹 (青年団員)|大伴健太郎 (青年団員)|渡辺みどり (青年団員)|

下

妙子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 熊切和嘉・監督の映画 ~ 一夜一話より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紹介「海炭市叙景」

  こりゃいい! お薦めです。
  腰を据えて、じっくり撮りましたね。近年の邦画になかった、しっかりした作りの映画です。
  まず、映画の舞台である海炭市(架空)の街が、よく練って描かれていて揺らぎがない。 いくつもの話が交錯するが、この街(舞台)の表現がとてもしっかりしている・・・。
  ◆ 「海炭市叙景」へは、こちらから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/713-4f0fb94b
Listed below are links to weblogs that reference
映画「空の穴」    監督:熊切和嘉 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「空の穴」    監督:熊切和嘉

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top