Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「翼よ!あれが巴里の灯だ 」   監督:ビリー・ワイルダー

映画「翼よ!あれが巴里の灯だ 」   監督:ビリー・ワイルダー

上00


右202  ご存じ、世界初の大西洋横断・無着陸「単独」飛行を果たした、リンドバーグの自伝が原作の映画。

  初めての事を成し遂げようとする意志と、リスクに立ち向かう準備、世間が思う期待と不安、待ち構えているかもしれない祝福が、わかりやすく表現されていて、観客も主人公と一緒になって空を飛べる映画です。





右010  まるでガレージのような建物が飛行機工場である、ライアン航空会社。ここで、リンドバーグが乗る飛行機が作られた。スチールと木材とキャンバス地(布)で飛行機を作る、一人乗りの、プロペラひとつの単発機だ。。燃料を最大限に搭載したいために、操縦席とエンジンの間の機体部分に燃料タンクを設置した。だから前面に窓が無い。機体総重量は、しめて2300キロ。飛び上れるのだろうか?

  実は、大西洋横断飛行は既に別の人々が達成していた。そして、世界はより高いハードルを用意する。ニューヨーク~パリ無着陸飛行だ。ぶら下げたニンジンは、オーテエイグ賞、最初の成功者に25000ドルがもらえる。先を争うことになる。リンドバーグは、短期間で飛行機を完成させなければならなかった。彼以外に名乗りを上げた中で、フランスチームは先に飛んだが、大西洋上で行方不明になってしまった。この機体は2人乗りでプロペラ2基の飛行機であった。さて、お話はどういうことになりますやら・・・。

  リンドバーグは、なかなか計算高いようだ。オーテエイグ賞を元手に、セントルイス市内から資金を集め、飛行機メーカーと交渉する。資金は集められたが、メーカーは無名の飛行家リンドバーグを相手にしない。メーカーからみればリスキーだ。そこで、彼はライアン航空会社というガレージメーカーと組んだ。その後のリンドバーグをwikiで読んだがやはり策士だ、頭がいいと思う。  

  大西洋上でリンドバーグは睡魔に襲われるのだが、映画は観客を眠らせないように、リンドバーグの飛行機歴シーンを面白く挿入している。  
  

オリジナル・タイトル:The Spirit of St. Louis

監督:ビリー・ワイルダー|アメリカ|1956年|138分|
原作:チャールズ・A・リンドバーグ|脚色:チャールズ・レデラー|脚本:ビリー・ワイルダー、ウェンデル・メイス|撮影:ロバート・バークス、ペヴァレル・マーレイ|
出演:ジェームズ・ステュアート (チャールズ・A・「スリム」・リンドバーグ)|バーレット・ロビンソン(ベンジャミン・フランク・マホニー(ライアン社社長))|アーサー・スペース(ドナルド・A・ホール(ライアン社主任技師))|パトリシア・スミス(鏡の少女)|マレー・ハミルトン(ハーラン・A・「バド」・ガーニー)|マーク・コネリー(ハスマン神父)|チャールズ・ワッツ - O・W・シュルツ(サスペンダーのセールスマン)|ロバート・コンウェイト (ハリー・ナイト)|

下1010


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/714-779aef5b
Listed below are links to weblogs that reference
映画「翼よ!あれが巴里の灯だ 」   監督:ビリー・ワイルダー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「翼よ!あれが巴里の灯だ 」   監督:ビリー・ワイルダー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top