Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「道中の点検 」  監督:アレクセイ・ゲルマン

映画「道中の点検 」  監督:アレクセイ・ゲルマン

上

  1942年の話だ。
  ナチスの領土拡張が進んで行く。ナチス・ドイツ軍はソ連北西部に侵攻し、この地を占領していた。占領下において、ユダヤ人に迫害を加えると共に、反ナチスの動きをするロシア人を徹底的に抑え込んだ。強制労働、絞首刑、銃殺なんでもありだ。
  一方、この占領下地域には、ソ連軍が支援するパルチザン(ゲリラ)が潜伏していて、ナチス軍やドイツ協力者(つまり地元住民)を日夜攻撃していた。もちろん、パルチザンに協力する「住民」も多かった。

ナチスのポスター
共産主義をやっつけている図。

ポスター  映画の背景は、ナチス・ドイツとソ連の争いだ。だが占領下の地元ユダヤ人・地元ロシア人は、否応なくこの争いに巻き込まれていく。
  まずは、この地のユダヤ人の悲劇。
  ユダヤ人地元住民や、ドイツ軍の捕虜となったソ連軍ユダヤ人兵士は、酷い扱いを受ける。(映画ではユダヤ人問題は取り上げられていない。)
捕虜10  そしてロシア人の悲劇。
  ナチスはユダヤ人同様に、ロシア人をも非文明人として人種差別した。だからだろう、ユダヤ人迫害に協力する親ナチスなロシア人が現れる。
  また、もともと過激な共産主義を嫌うロシア人が、ナチスの口車に乗り、親ナチス側に立ってドイツ兵として共産主義をやっつける・・・。だが、戦争の実態は、パルチザン兵やその支援をする地元住民を、つまり自身の故郷の人々を、殺りくする毎日だ。
  おかしい変だ、そう考える人々もいた。だから、反共なのだが、共産主義のロシア兵やパルチザンとなって、反ナチスとして行動しはじめる。この辺りが複雑だ。だが、個人的な日和見主義ではない事は知っておきたい。
  映画では、ロシア兵捕虜を溢れんばかりに乗せたドイツ軍の船が、河を下って行くシーンがあった。ナチス・ドイツ軍の捕虜となった多くのロシア人兵士は決して安泰ではなかった。
  
主人公  さて、映画の主人公、ラザレフ。
  元は「ソ連軍兵士」と本人は言う。そして、ドイツ軍兵士となった。そのラザレフが、ドイツ軍兵士の鉄兜と軍服を着て、あるパルチザン部隊に投降して来た。ここから話が始まる。パルチザンの兵士たちは、ラザレフをドイツ軍捕虜として扱う。当然だろう。
  そしてある日、ドイツ軍のスパイかどうかテストされる。ドイツ将校を乗せた敵のサイドカーを、ラザレフひとりに、襲撃させる。次は、ドイツ軍が厳重に管理する操車場に入り込み、食料を満載したドイツ軍の輸送列車を強奪する、大きな計画だ。ラザレフ本人が、この計画に志願した。どうやら彼がドイツ兵として所属していた場所らしい。内部の様子に詳しい。もっと言えば、顔がきく。さて、綿密な計画のもと、作戦は実行される・・・。
捕虜扱い  このパルチザン部隊には、部隊を指揮するロコトコフ隊長と、ソ連軍少佐べトゥシコフがいる。ロコトコフ隊長は戦争前は、地元の刑事であった。人を見る目を持っている。で、ラザレフはドイツのスパイでもない、彼は正直だと見抜いていた。べトゥシコフ少佐は、共産党から派遣された政治将校かもしれない。紋切り型にものを見る。このふたりの葛藤の中、ラザレフはロコトコフ隊長のおかげで、なんとかここまでは、生きながらえている・・・。


  戦争娯楽映画として観ても、十分にいい作品です。
  まずはご覧ください。

ドイツ軍施設である軍列車操車場へ、
ドイツ兵に変装して正面ゲートから侵入したラザレフ。
ドイツ兵時代の同僚に遭遇してしまい、企てがばれる。
ラザレフと行動を共にしていたドイツ語通訳の女性も、
この場で決して遭遇してはならない人物と出会ってしまう。
悲しくも、地元の人々がふたつにひき裂かれて、それぞれの立場で戦っていた。

列車
英語タイトル:The Trial On The Road

監督:アレクセイ・ゲルマン|ソ連|1971年|97分|
原作:ユーリー・ゲルマン|脚本:エドゥァルド・ヴォロダルスキー|撮影:L・コルガノフ、B・アレクサンドロフスキー、V・ミローノフ|
出演:ロコトコフ(パルチザンの隊長:ロラン・ブイコフ)|ラザレフ(ウラジーミル・ザマンスキー)|ぺトゥシコフ少佐(アナトーリー・ソロニーツイン)|インガ(アンダ・ザイツェ)|ミーチカ(ゲンナジー・ジュジャエフ)|少年(ニコライ・ブルリャーエフ)|

wikiより。http://ja.wikipedia.org/wiki/スラヴ人
地図  なにしろ、ややこしい。
  上では、ロシア人としたが、スラヴ人だ。
  詳しく言うと、ロシア人、ウクライナ人、ベラルーシ人。これらの人々の総称を「東スラヴ人」というらしい。
  あのヒトラーは、東欧・ソ連に「ドイツの生存圏」を構築して、ドイツ民族がこの地に入植することを1925年著の「わが闘争」に書いているらしい。
  そして、東欧からソ連にかけては、古来多くのユダヤ人やロマ人が住んでいるのである。その多くのユダヤ人はソ連によってシベリアに送られた。このことは当然映画には出てこない。

  (ちなみにスロバキア人、チェコ人、ポーランド人が西スラヴ人。クロアチア人、セルビア人、ブルガリア人などが南スラヴ人らしい。)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ アレクセイ・ゲルマン監督の映画 ~ 一夜一話より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紹介「戦争のない20日間」

  ロパーチンは、ウズベキスタンの都市タシュケント行きの満員列車に乗った。
  着いてまずすることは、妻との離婚届にサインすること。次にすることは、映画の撮影現場を訪れること。彼はかつてスターリングラードでの勝利に貢献し名誉が与えられていた。それで戦場での手記が原作となり、いま映画化されようとしている。これを視察し原作者として指示を与えなくてはならない。そして工場労働者たちを集めての集会で演説。でも、それだけのこと。ロパーチンはそう思っている・・・。
  ◆ 「戦争のない20日間」へは、こちらから


紹介 2「フルスタリョフ、車を!」

  なんだか、すごい映画を観てしまった。いい映画だ。でも、お薦めしにくい。
  首から上じゃ理解できなくて、身体でヅーンと受け止める映画です。
  映画製作のお作法・お約束事から、とても逸脱した特異・孤高の映画です。よって観客もいつもの文法でストーリーを読み解くことができません。私の前の席の人は上映開始10分で退場していきました。(池袋・新文芸座)
  ◆ 「フルスタリョフ、車を!」へは、こちらから


20131104134427205_20131121140403686.png「わが友イワン・ラプシン」
  1935年ごろ、ロシアの地方の話。
  当時、少年だった男が、若き父や、父の周辺の男たちを懐かしく振り返る。
  これは遠い昔の話だ。父から何度も聞かされた。長い廊下に響く幼い私の足音、男たちのタバコのにおい、今では考えられない貧しい暮らし。通りはいつも冷たい風が吹いていた。そんな環境でも、私たちは不自由を感じることもなく、助け合って生きていた。記憶の彼方でよみがえる大切な人たちの顔や声。これは私の告白だ。
  ◆ 「わが友イワン・ラプシン」へは、こちらから

TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/718-5f266c55
Listed below are links to weblogs that reference
映画「道中の点検 」  監督:アレクセイ・ゲルマン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「道中の点検 」  監督:アレクセイ・ゲルマン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top