Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「絶唱」   監督:滝沢英輔    浅丘ルリ子、小林旭  1958年

映画「絶唱」   監督:滝沢英輔    浅丘ルリ子、小林旭  1958年

上
山80


  浅丘ルリ子、18歳、小林旭、20歳の映画。
  だから、このふたりの若さを見て楽しむ映画。


新生活80  身分違いの恋愛ものだが、恋が実らず・・・にならない。しかしラストは悲しい。
  園田順吉(小林旭)は広大な山林を持つ、島根県の大地主の一人息子。 小雪(浅丘ルリ子)の父親は、園田家に雇われる山林監視人・兼・猟師。山の娘だ。山鳩のような娘と言われる。
  この恋を巡って順吉は父親と対決し、駆け落ちして、宍道湖・湖畔の二階を間借りし生活を始めた。



式80  で、やがて戦争がはじまり順吉は兵隊に。その間、小雪は肉体労働や看護師で生活したが体を壊し寝込むようになる。戦争が終わるが順吉は帰って来ない。昭和21年、順吉が帰って来た。しかし、それは小雪が息を引き取った、その直後であった。
  順吉は、花嫁姿の小雪の亡骸を抱えて結婚式を挙げる。大勢の人々が結婚式を喜び、小雪の死を悲しんだ。

  ラストはしんみり美しい・・・。
  浅丘ルリ子、演技がいい。小林旭、清涼感がある。
  ただ、次に言う部分が残念だ。園田家の父親が、いかにも・・・という感じで金権を振り回し、そして京大生の息子・順吉に対して「思想に染まったな!」と、つぶやかせる台本。一方、順吉は島根県の地元で読書会に加わるが、このメンバー間の会話が、形式的な思考で製作された台本になっている等々が、目障りだ。


小雪の亡骸を嫁入り布団に持たれかけさせて、結婚式が始まる・・・。
組00

監督:滝沢英輔|1958年|108分|
原作:大江賢次|脚色:八住利雄|撮影:横山実|
出演:浅丘ルリ子(小雪)|小林旭(園田順吉)|柳永二郎(園田惣兵衛)|小杉勇(小雪の父・正造)|山根寿子(小雪の母・サト)|安井昌二(読書会メンバー・小学校教員・大谷)|高友子(同・銀行員・マサ)|河合健二(同・佐野)|小柴隆(同・笹本)|木崎順(同・田中)|須藤孝(同・森本)|木下雅弘(同・木挽・吉原)|三津田健(町の実業家・橋本平吉郎)|香月美奈子(園田順吉の婚約相手令嬢・橋本美保子)|横山運平(経師屋・為吉)|辻伊万里(ハマ)|西村晃(園田家の使用人・源助)|田中筆子(園田家の使用人・園田順吉の乳母・セキ)|相馬幸子(下宿のお内儀)|



TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/732-f0573b53
Listed below are links to weblogs that reference
映画「絶唱」   監督:滝沢英輔    浅丘ルリ子、小林旭  1958年 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「絶唱」   監督:滝沢英輔    浅丘ルリ子、小林旭  1958年

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top