Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「河内カルメン」   監督:鈴木清順   主演:野川由美子

映画「河内カルメン」   監督:鈴木清順   主演:野川由美子

上

バー  若き野川由美子を楽しむ。
  美人女優と言うよりも、大衆的「元気な」色気が一歩前にある。その裏に美人女優で澄ましていない、「やる気」を感じる。だからコメディに全身全力な演技。

  ストーリーはナニワ体臭ぷんぷんの喜劇。先へ先へ突っ走る荒っぽいドタバタの展開、その一歩手前で時に繊細に変化する。湿ったシーンはない。
  格差恋愛/甲斐性無しの父と、生臭な和尚に身を売る母、という両親を持つ長女・露子(野川由美子)は、河内の田舎で貧しくも清らかに育つ。露子は、地元の製綿工場に勤めて満足であった。工場のボンボンとは相思相愛で、露子にとって身に余る愛である。しかし、近所の男たちに性的暴力を受ける。慰めてくれる相手はおらず、事件は露子の心の奥に抑え込んだ。ここから露子の波乱万丈が始まる。

左から3人目が、嫌がる露子の初日。
ダダ  カルメン/大阪に出た露子はキャバレーに勤める。で、店一番の売れっ娘・カルメンとなる。露子は、信用金庫に勤める常連客(大辻伺郎)と図らずも一夜を過ごしてしまうが、その後、情が移り同棲生活を送る。
組00  ファッションモデル/ふとした事で、モデル事務所のオーナー鹿島洋子(楠侑子)に文字通り見初められモデルに変身。オーナーの邸宅に住込みで家政婦兼任。邸宅に出入りする高野誠二(川地民夫)は、露子を狙う鹿島洋子の同性愛から救い出す。露子を擁護する距離を置いた、いい関係が続く。
  格差恋愛の再会/工場が倒産しボンボンも大阪へ出て来ていた。偶然に再会し、トタン屋根のあばら家で同棲する。露子の夢が現実に。しかし生駒に温泉を掘る夢を抱くボンボンは資金集めに無理をする。
  めかけ/高野誠二の紹介で金融業社長のめかけになり、ボンボンの温泉試掘資金を得ようとしたが、彼はヤクザに殺されていた。
  振り出し/久々に実家に帰って分かったこと。父の死と、妹も生臭坊主の餌食になっていた事。この和尚を殺して露子はわが身ひとつで東京に行く。
    
  露子の健気さのドラマであるが、性を元手にした成り上がりへの努力の経緯でもある。 これをこういう風におおらかにうたうことは、女性差別に無関心な映画だと思う。 
  脇役であるが、キャバレーの職場の先輩・雪江役の松尾嘉代と、モデル事務所のオーナー鹿島洋子役の楠侑子が、なかなかいい。このふたりが脇をしっかり固めている。

格差監督:鈴木清順|1966年|89分|
原作:今東光|脚色:三木克巳|撮影:峰重義|
出演:野川由美子(武田露子)|伊藤るり子(武田仙子)|宮城千賀子(母・武田きく)|日野道夫(父・武田勇吉)|和田浩治(ボンボン・坂田彰)|大辻伺郎(キャバレーダダの常連客、信金の職場で10万円横領で解雇・勘造)|川地民夫(芸術家・高野誠二)|桑山正一(不動院の良厳坊)|嵯峨善兵(斎藤長兵衛)|松尾嘉代(キャバレー先輩・雪江)|和田悦子(稲代)|加藤洋美(和子)|楠侑子(モデル事務所女社長・鹿島洋子)|柳瀬志郎(「ダダ」のマネージャー)|横田陽子(女秘書)|島村謙次(課長)|深町真喜子(アパートの隣の女)|若葉めぐみ(女給)|森みどり(女給)|西原泰江(女給)|

生駒の悪い和尚の幻影を見る露子。このシーンは土俗的。
和尚00
1966年、大阪の街シーン3点。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 鈴木清順監督の映画  ~ 一夜一話より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紹介「ツィゴイネルワイゼン」

  原田芳雄の映画だと思う。
  愛欲、情念を禁欲的なまでに抑制しきって、その最後の一瞬にかけようとしながらも、その裏側にある深い闇に、ほんのり浮かぶ、いとおしいまでの狂気を表現したかったのだろう。大谷直子、藤田敏八、大楠道代が熱演している。釈迦堂切通し、光明寺、旧有島生馬邸、そして衣装や小道具もこだわっている。
  で、こういった一切合財を舞台背景にして、ここからはアンタの仕事よと言うことで、男、原田芳雄が思う存分に「らしい」演技をしている! 凄い。 ◆ 「ツィゴイネルワイゼン」へは、こちらから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/734-aeee5fb7
Listed below are links to weblogs that reference
映画「河内カルメン」   監督:鈴木清順   主演:野川由美子 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「河内カルメン」   監督:鈴木清順   主演:野川由美子

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top