FC2ブログ

映画「まぼろし」   監督:フランソワ・オゾン     主演:シャーロット・ランプリング

上
「夫の時計じゃないわ、ジャンのじゃない。」

海岸  シャーロット・ランプリング主演のサスペンスか。

  夫婦で行ったバカンス中に、海に入った夫が溺れ、行方不明になる。
  妻・マリー(シャーロット・ランプリング)は、浜辺にいながら、すぐに気付かず何もできなかった悔しさが後々まで尾をひき、マリーの心に重く残る。ヘリコプターも出動したが結局、何も発見できなかった。マリーは一旦パリの自宅に帰り、地元警察からの連絡を待つが電話はなく、日だけがだらだらと無為に過ぎて行った。

夫  死体が上がらないなら溺れたのではなく、失踪した可能性もある。そう思うと夫が生きている嬉しさとは裏腹に、マリーが知らない夫の世界があったことになる・・・。とにかく連絡が欲しい。
  ひとり悩むマリーの心は、ある打開策を講じた。それは、マリーの夫・ジャンは何事もなく生きている。マリーが帰宅するとジャンが現れ、食事をしベッドを共にする。マリーはこうした「まぼろし」の毎日を送るのであった。
  その一方で、マリーの心は夫の死を、あるいは彼女が知らない側面の夫を探ろうとする。夫が通っていた調剤薬局で調剤履歴をみようとし、わかったことは、バカンスに行く前の日以来、来店がない、薬は抗うつ剤。 

マリー  マリーを心配し慰めようとする友人たちが彼女を取り囲んでいる。精神科をすすめる友人。そしてマリーにふさわしい男性・ヴァンサンを紹介する事になる。そう、事件当日から、だいぶ時が経過していた。
  マリーの身体はマリーの心とは別に悩んでいた。そんなわけでヴァンサンはマリーの恋人となった。


遺体  そんなある日、警察から連絡があり、ジャンらしき男性の遺体が収容されたという。身元確認のためにマリーは出向いた。外見からはマリーでさえ確認できない遺体であった。所持品の時計を見たが、マリーの回答は「夫の時計じゃないわ。ジャンのじゃない。」というじゃんじゃん回答だった。夫の死を直視しないマリーの心は、そう答えるしかなかった。




自宅で闇に包まれるマリーの心は・・・。                                       亡き夫ジャンと。       
組00
マリーの恋人、ヴァンサン。マリーの友人の紹介だった。                   まぼろしの夫と食事するマリー。




下オリジナル・タイトル:SOUS LE SABLE
英語タイトル:UNDER THE SAND

監督:フランソワ・オゾン|フランス|2001年|95分|
脚本:フランソワ・オゾン、エマニュエル・ベルンエイム、マリナ・ドゥ・ヴァン、マルシア・ロマーノ|
撮影:アントワーヌ・エベルレ、ジャンヌ・ラポワリー|
出演:シャーロット・ランプリング (マリー)|ブリュノ・クレメール (ジャン)|ジャック・ノロ (ヴァンサン)|アレクサンドラ・スチュワルト (アマンダ)|ピエール・ヴェルニエ (ジェラール)|アンドレ・タンジー (スザンヌ)|


洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply