Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「母なれば女なれば 」  監督:亀井文夫   主演:山田五十鈴

映画「母なれば女なれば 」  監督:亀井文夫   主演:山田五十鈴

写真提供:独立プロ名画保存会
春枝一家(中央)と健次とその妹(左右)

  太平洋戦争末期、東京はたびたびの激しい空襲で無数の人々は逃げ惑った。
  春枝(山田五十鈴)は三人の子を連れ、避難する混乱の雑踏にいた。荷物を背負い、清とフミ子、二人の小さな手を、春枝は左右の手でしっかり握るのが精いっぱい。新吉、長男10歳は母と並走していたが、親子の間に人が入り、その距離がひろがるにつれ、離れ離れに。春枝は大声で新吉の名を呼ぶが、その声は爆音にかき消されてしまう。短い時間で、あっという間にはぐれてしまった。春枝はその後も幾度も新吉を捜しあたりを歩いたが見つけ出せない。

  見つけ出せないながら、幼いふたり、清とフミ子の面倒をみて毎日が過ぎていく。そして夫の戦死の知らせを受ける。しかし悲しみに沈む余裕は無かった。日々、子供と生きていかねばならない。なんとか台所トイレ共同の一間のアパートに入居し、中古ミシンを買い手内職を始める。しかし家計は赤字。ただ幸いなことに、隣室の住人は、先生の高瀬健次(神田隆)とその妹・幸子(岸旗江)で春枝の子供達や近所の子たちの面倒をよくみてくれる。
  そして春枝の面倒をみようとする男がいた。長島(三島雅夫)という地場の顔で、商いで稼ぎが良く、民生委員やPTAの役員をしている。春枝をめかけにしようと何かとアパートを訪れる。

  はぐれた新吉が帰って来た。
  とは言え、警察署での出会いだった。まもなく親子水入らずの生活がはじまった。
  と同時に、新吉は母が父親以外の男と親しい事を嫌い始める。
母と健次  「母なれば女なれば 」だ。
  戦死した夫のことはいつも思いつつも、健次に思いを寄せていく春枝。先生の健次もそう。健次の妹・幸子の仲介もあってふたりの思いは深まる。そんな場面を健次の教え子たちがみてしまう。その生徒のひとりが、こともあろうに長島の息子であったから、話は大きくなった。その上、新吉は教室でいじめに会い、ついには長島の息子と取っ組み合い怪我を負わせてしまう。校長は長島と一緒になって、新吉と健次を学校から追放しようとする。長島の狙いは、春枝を健次から引き離し我が物にする、新吉を自身の店で丁稚として働かせる、というはかりごと。
  さて、話の顛末はいかに・・・。

  この映画の監督・亀井氏は、ドキュメンタリー映画に通じていたらしく、戦後直後の実写シーンが挿入されていて、映画にリアリティな厚みを出している。また、野外シーンの奥では、大型軍用トラックが何台も隊を組んで疾走している様子が映っている。1952年だ、朝鮮戦争でざわつく世相が活写されている。さらには、少年院のシーンは劇映画仕立てだが、監督は当時の戦争孤児の扱いに言及している。この問題は今もって大きく取り上げられないようだ。
  女性の生き方はこの映画の主題だ。妻は戦死した夫を思い続け、長男をたてて長男に尽くす、再婚は子にとって不幸だしあってはならない、といったことが世間体の時代。北林谷栄が演じるアパートのおばさんが、これを代弁するシーンがある。一方、若い後家さんというまわりの男たちの視線にさらされる。春枝が持つこんな前近代的な考えを、健次が徐々に変えていくストーリー。ただ、健次が春枝に諭すセリフで、言葉がこなれていなくて、監督はじめ当時の製作者の、考えの若さが見え隠れする。
  この映画製作のバックグラウンドに関心ある方は、監督プロフィールや東宝争議について詳しい他サイトをグーグルで検索してみてください。 

監督:亀井文夫|1952年|100分|
原作:徳永直|脚本:棚田吾郎|撮影:瀬川順一|
出演:安川春枝 (山田五十鈴)|安川新吉 (二口信一)|安川清 (伊藤延雄)|安川フミ子 (小松原良子)|高瀬健次 (神田隆)|高瀬幸子 (岸旗江)|長島 (三島雅夫)|校長(加藤嘉)|久保寺 (沼崎勳)|ひで (北林谷栄)|

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す   こちらから
   国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す   こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/746-d2f2830f
Listed below are links to weblogs that reference
映画「母なれば女なれば 」  監督:亀井文夫   主演:山田五十鈴 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「母なれば女なれば 」  監督:亀井文夫   主演:山田五十鈴

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top